スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

広島、明大・野村をリストアップ

 広島が来秋のドラフト1位候補に明大の最速149キロ右腕、野村祐輔投手(21)をリストアップしていることが28日、明らかになった。野村は広陵出身で07年の夏の甲子園で準優勝に貢献した。明大では3年間で19勝を挙げており、来秋のドラフトでは1位競合が必至の逸材。球団は今後密着マークを続ける。

 広島が即戦力獲得へ向け、来季のドラフト戦略を練り始めた。1位指名の有力候補として明大・野村祐輔投手をリストアップ。将来、先発ローテの軸を担える逸材として高く評価している。
 編成関係者が「1位で名前が挙がってくる投手」と語る野村は、最速149キロ速球にスライダー、チェンジアップなど多彩な変化球を投げ分け、明大3年間ですでに19勝。エースとしてチームを支え、申し分ない実績を挙げてきた即戦力投手だ。

 地元・広陵出身。07年夏の甲子園の決勝、佐賀北高戦では逆転満塁本塁打を浴び、惜しくも準優勝に終わったが、明大進学後はメキメキと頭角を現してきた。2年春からエースとなり、年々成長している投手。今秋の東京六大学リーグ戦では2完封を含む5勝を挙げ、2度目の最優秀防御率に輝いた。球威も十分ながら、制球力も抜群だ。

 野村には阪神や明大OBの星野監督率いる楽天など他球団も注目。来秋ドラフトの目玉になること間違いない。

 これまでもカープスカウト陣は、東京六大学リーグ戦で野村の登板を視察してきたが、最終学年となる来年はより密着マークを続けていく。ほかの上位候補では崇徳出身で中央大の主軸を打つ井上晴哉内野手の名前が挙がっている。来年1月中旬の第1回スカウト会議で、今後の戦略が話し合われる。
(デイリー)
関連記事
スポンサーサイト

tag : 広島ドラフト情報

コメントの投稿

非公開コメント

訪問者数
球団別ドラフト情報
福岡ソフトバンクホークス
北海道日本ハムファイターズ
埼玉西武ライオンズ
オリックス・バファローズ
東北楽天ゴールデンイーグルス
千葉ロッテマリーンズ
中日ドラゴンズ
東京ヤクルトスワローズ
巨人ジャイアンツ
阪神タイガース
広島東洋カープ
横浜DeNAベイスターズ
カテゴリ
ショッピング
1月11日発売

12月14日発売
Twitter
最新記事
ブログランキング
にほんブログ村 野球ブログへ人気ブログランキングへ
リンク
QRコード
QRコード
RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。