スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

専大松戸・上沢は187cm本格右腕

 11年秋のドラフトには、10年に1度と称されたハンカチ世代を上回る実力派がめじろ押しだ。いち早く来秋のドラフト候補をチェックした。

 野球歴5年で、ドラフト候補まで急成長したのが専大松戸・上沢直之投手(2年)だ。持丸修一監督に潜在能力を見いだされ、2年春からエースとなった。187センチ87キロの長身から、140キロ台中盤の直球を投げる本格派として下級生中心のチームを夏、秋と千葉4強に導いた。先発完投のスタミナも身に付き、来春には新たに習得したチェンジアップ、フォークもお披露目予定。「まず学校初の甲子園出場。そして、早いうちからプロの厳しいレベルでやりたい」と、思い描く。
(日刊)
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

訪問者数
球団別ドラフト情報
福岡ソフトバンクホークス
北海道日本ハムファイターズ
埼玉西武ライオンズ
オリックス・バファローズ
東北楽天ゴールデンイーグルス
千葉ロッテマリーンズ
中日ドラゴンズ
東京ヤクルトスワローズ
巨人ジャイアンツ
阪神タイガース
広島東洋カープ
横浜DeNAベイスターズ
カテゴリ
ショッピング
1月11日発売

12月14日発売
Twitter
最新記事
ブログランキング
にほんブログ村 野球ブログへ人気ブログランキングへ
リンク
QRコード
QRコード
RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。