FC2ブログ

帝京・伊藤は「150キロ出したい」

 11年秋のドラフトには、10年に1度と称されたハンカチ世代を上回る実力派がめじろ押しだ。いち早く来秋のドラフト候補をチェックした。

 帝京・伊藤拓郎投手(2年)も上位候補の筆頭だ。1年夏の甲子園では最速148キロをマークする鮮烈な全国デビュー。キレのあるスライダーも魅力で、将来の夢はメジャーリーガーと公言する。しかし今夏は東東京大会5回戦で、秋は都大会の初戦で敗退。2季連続で甲子園から遠ざかり、秋季大会後は主将の座も降りた。「今自分の評価は下がってる。ここからは上げるしかないです。球速も1年から上がってないので、150キロ出したい」。来夏は再び甲子園のマウンドに立って、右腕の輝きを見せつけたい。
(日刊)
関連記事
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

訪問者数
球団別ドラフト情報
福岡ソフトバンクホークス
北海道日本ハムファイターズ
埼玉西武ライオンズ
オリックス・バファローズ
東北楽天ゴールデンイーグルス
千葉ロッテマリーンズ
中日ドラゴンズ
東京ヤクルトスワローズ
巨人ジャイアンツ
阪神タイガース
広島東洋カープ
横浜DeNAベイスターズ
カテゴリ
ショッピング
1月11日発売

12月14日発売
Twitter
最新記事
ブログランキング
にほんブログ村 野球ブログへ人気ブログランキングへ
リンク
QRコード
QRコード
RSSリンクの表示