スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

巨人公表 来年ドラ1は原監督甥っ子菅野

 巨人清武英利代表(60)は14日、都内の球団事務所で、来年秋のドラフトで、原監督のおい東海大・菅野智之投手(3年=東海大相模)を1位指名すると公表した。菅野は最速157キロを誇るアマ球界NO・1右腕で、この日行われた巨人のスカウト会議では圧倒的な評価だったという。巨人は菅野サイドへ敬意を示すと同時に、興味を示すメジャー球団をけん制する意図もあって、リスク覚悟で異例の早期公表に踏み切った。

 異例の早期公表だ。来年のドラフト会議に向けた第1回のスカウト会議を終え、清武代表は「菅野君を1位指名することを巨人として決めました。新年早々にもごあいさつに出向きたい」と明言した。昨年のドラフトで長野を1位指名すると公言したのは09年2月5日。年明け前という極めて珍しい時期の公表は、菅野への圧倒的な高評価と、メジャーを含めた他球団をけん制する意図が見える。
 巨人は近年、新人獲得の際に数値評価を導入している。最速157キロの速球に加え、カットボールなど多彩な変化球を操る菅野は、今秋ドラフトでの沢村(中大)大石(早大)と肩を並べるレベルの数値をマークしていたという。この日の会議では約150人の候補がリストアップされたが、評価は断トツ。原監督のおいであることは関係なかったという。清武代表は「結果として原監督のおい、貢さん(東海大系列校野球部総監督、原監督の父)の孫であっただけ」と、実力だけを評価しての1位と強調した。

 早期公表には、選手がけがをした際、指名を回避しにくいというリスクがある。この点について清武代表は「(けがは)すべての選手にあり得る問題。(来年の)8、9月に発表しても入団までにけがをするリスクはある」と話した。「157キロを投げられ、平均(球速)146キロの選手を見つけてこいというのは至難だ」。リスクを冒してでも早期に指名を公表したくなるほど菅野の高い身体能力にほれ込んでいる。

 早くも動きだした来年のドラフト戦線は、投手では菅野のほか、東洋大・藤岡、明大・野村、近大・中後ら豊作が予想される。巨人が菅野の1位指名を決めたことで、各球団の動きにも大きな影響を与えそうだ。
(日刊)
関連記事
スポンサーサイト

tag : 巨人ドラフト情報

コメントの投稿

非公開コメント

訪問者数
球団別ドラフト情報
福岡ソフトバンクホークス
北海道日本ハムファイターズ
埼玉西武ライオンズ
オリックス・バファローズ
東北楽天ゴールデンイーグルス
千葉ロッテマリーンズ
中日ドラゴンズ
東京ヤクルトスワローズ
巨人ジャイアンツ
阪神タイガース
広島東洋カープ
横浜DeNAベイスターズ
カテゴリ
ショッピング
1月11日発売

12月14日発売
Twitter
最新記事
ブログランキング
にほんブログ村 野球ブログへ人気ブログランキングへ
リンク
QRコード
QRコード
RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。