スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

巨人来季ドラ1もう決めた!原監督のおい

 “意中の人”へ異例の速攻を見せた。巨人の清武英利球団代表(60)が14日、東京・大手町の球団事務所で会見を開き、来秋のドラフト会議で東海大・菅野智之投手(21)を1位指名すると発表した。原辰徳監督(52)のおいである最速157キロ右腕獲得へ、球団としての誠意を示す意思表明となった。
 聖夜が近づいてくる季節に、巨人も恋人獲得へ動き出した。この日、球団事務所で来秋ドラフトへ向けた第1回のスカウト会議を開催。清武代表は「東海大の菅野君の1位指名を、巨人として決めました」と表明し、超肉食系アプローチで右腕獲得を目指す構えだ。

 会議では約150人の選手をリストアップ。その中で「最速157キロで変化球も多彩。先発も抑えもできる選手はめったにいない」と高評価。「極めて異例だが1位候補として1年間、成長を見守っていきたい」と決定への経緯を説明した。

 昨年2月5日には社会人のホンダへ出向き、安藤監督へ長野の“指名確約”あいさつを行った。今回は「お許しを頂けるなら、新年早々に大学へごあいさつに出向きたい」と長野よりも早く、1月初旬に大学へ足を運ぶ意向だ。

 他球団へのけん制とも取れるが「それは考えていない」とし、原監督のおいという点の考慮も「正直あまりない。(監督へも)『実力重視で行こうと思っている』と言った」と否定。「数値評価が非常に高い。150人の中で圧倒的に抜けている」と強調した。

 ただ、メジャーも注目の右腕だけに「そういうところに対抗する意味合いもある」と清武代表。今ドラフトも沢村(中大)の“一本釣り”に成功し「2人で将来の双璧となってほしい」と期待は大きい。誠意の指名表明に踏みきった巨人。あとは“恋敵”が現れないことを祈るのみだ。
(デイリー)
関連記事
スポンサーサイト

tag : 巨人ドラフト情報

コメントの投稿

非公開コメント

訪問者数
球団別ドラフト情報
福岡ソフトバンクホークス
北海道日本ハムファイターズ
埼玉西武ライオンズ
オリックス・バファローズ
東北楽天ゴールデンイーグルス
千葉ロッテマリーンズ
中日ドラゴンズ
東京ヤクルトスワローズ
巨人ジャイアンツ
阪神タイガース
広島東洋カープ
横浜DeNAベイスターズ
カテゴリ
ショッピング
1月11日発売

12月14日発売
Twitter
最新記事
ブログランキング
にほんブログ村 野球ブログへ人気ブログランキングへ
リンク
QRコード
QRコード
RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。