スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

虎、来秋ドラ1有力候補に東洋大・藤岡

 阪神が来秋ドラフトの1位有力候補に東洋大のMAX150キロ左腕・藤岡貴裕投手(21)をリストアップしていることが12日、明らかになった。藤岡はキレのある速球にスライダー、カットボールが武器の即戦力左腕。来秋ドラフトで1位競合が必至の逸材だ。阪神は年明けから密着マークを開始する予定。来秋を見据えて、大学生No.1左腕に熱い視線を注いで行く。
 来年のことを言えば鬼が笑うという諺(ことわざ)があるが、将来を見据えた準備は早ければ早い方がいい。阪神が早くも来秋ドラフトに向けた戦略を練り始めた。藤岡貴裕‐。東都大学野球リーグを代表する大型左腕を、1位指名の有力候補にリストアップした。

 将来的に先発ローテの軸となれる逸材だ。181センチ、80キロの恵まれた体から投じられる伸びとキレのある速球はMAX150キロ。縦に鋭く曲がり落ちるスライダー、今秋に習得したカットボールの切れ味も抜群だ。ここまで積み上げてきた実績も申し分ない。

 桐生一(群馬)では2年夏、3年春に甲子園出場し、東洋大では1年春からリーグ戦に登板した。そして今春は6勝1敗、防御率1・07でリーグMVPを獲得。日本一となった大学野球選手権でもMVPに輝いた。今秋も中大戦で巨人ドラフト1位の沢村拓一投手に2安打12奪三振完封で投げ勝つなど、5完封を含む6勝をマークした。今夏の世界大学野球選手権で日本代表入りも果たした。

 完投能力があり、三振も取れる大学No.1左腕を、阪神スカウト陣は「大石(西武1位)、斎藤(日本ハム1位)ら今年のドラフト組に加わっていても、複数球団が1位で競合していただろう」と高く評価している。順調に行けば、来秋ドラフトの「目玉」の1人となること間違いなし。複数競合が避けられない藤岡に対して阪神は、年明けから密着マークを開始する予定だ。

 左の好打者が数多い現在のプロ野球界において、左投手の存在感は年々増している。現在阪神の先発左腕には能見、岩田、下柳らが名を連ねる。今秋ドラフトでは即戦力候補の榎田大樹投手(東京ガス)を1位指名した。ここに藤岡が加われば、リーグNo.1の左腕王国完成という夢も膨らんでくる。

 阪神の来秋ドラフトへの歩みは、年明け1月に予定されているスカウト会議から本格化する。1位指名の最終決定も例年通り、夏場以降になる公算が大きい。ただ藤岡という希少価値の高い本格派左腕が、常にその中心に置かれるのは確実だ。「常勝軍団」の構築に向けて、東洋大のエースに虎が注ぐ視線はいまから熱い。
(デイリー)
関連記事
スポンサーサイト

tag : 阪神ドラフト情報

コメントの投稿

非公開コメント

訪問者数
球団別ドラフト情報
福岡ソフトバンクホークス
北海道日本ハムファイターズ
埼玉西武ライオンズ
オリックス・バファローズ
東北楽天ゴールデンイーグルス
千葉ロッテマリーンズ
中日ドラゴンズ
東京ヤクルトスワローズ
巨人ジャイアンツ
阪神タイガース
広島東洋カープ
横浜DeNAベイスターズ
カテゴリ
ショッピング
1月11日発売

12月14日発売
Twitter
最新記事
ブログランキング
にほんブログ村 野球ブログへ人気ブログランキングへ
リンク
QRコード
QRコード
RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。