FC2ブログ

菅野初球150キロ1失点完投/神宮大会

 大学の部では、東海大(関東5連盟)が関西国際大(関西5連盟)に5-1で快勝した。雨が降りしきる中、巨人原辰徳監督(52)のおいで最速157キロ右腕の菅野智之投手(3年=東海大相模)が2安打1失点完投。来秋ドラフトの目玉の投球に、メッツ、アストロズ、ジャイアンツ、インディアンスなどのメジャーを含む国内外のスカウトが熱視線を送った。

 冷たい雨とカクテル光線を背に、東海大・菅野がプロの注目を集めた。最速157キロを誇る来秋ドラフト目玉の初戦。第1球目の150キロの直球に、スタンドがどよめいた。5回まで1人も出塁させない完全投球。「完全試合? 意識してなかったと言ったらウソになります」。6回に自らの捕球ミスで初めて走者を出したが、カットボール主体に14個の内野ゴロを量産。2安打5奪三振1失点の快投で、集まった国内外のスカウトをうならせた。

 グラウンドコンディションは最悪だった。雨天で、気温は10度を下回った。夕方4時53分の開始時刻には空も暗く、ナイター照明が点灯。ベンチでショウガ紅茶を飲み、ストーブで体を温めた。「先発したら完投しないと」と、最後までテンポよくリズムを刻んだ。

 球数はわずか98球。今秋のリーグ戦から、テーマは一貫して「省エネ」だ。日本一を目指して臨んだ今春の全日本大学選手権では、150キロ超えの直球を武器に決勝進出。だが最後でスタミナ不足がたたり、涙をのんだ。念願の頂点に立つため「連投に耐えられるよう、鍛え直してきました。球数も計算通り」。緩急をきかせ早めにバットを振らせた。

 伯父の原監督が率いる巨人は、すでに来年ドラフトの1位候補に挙げている。中日石井スカウトも「来年の超目玉。テンポが速くて昔の江川みたい。今年の4年生に交じっても競合していた」とべた褒めする。

 10月のドラフトでは、ロッテに1位指名された伊志嶺のそばで独特の緊張感を味わった。巨人1位の中大・沢村拓一投手(4年=佐野日大)からは「大学球界を引っ張れ」と後を任されている。菅野は「そういう自覚を持ってやっていきたい。(決勝で対戦する可能性のある早大)斎藤(佑樹)さんとも投げ合ってみたいし、勝ちたいです」と表情を引き締めた。優勝まであと2勝。今年のドラ1も押しのけ、大学NO・1に駆け上がってみせる。
(日刊)
関連記事
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

訪問者数
球団別ドラフト情報
福岡ソフトバンクホークス
北海道日本ハムファイターズ
埼玉西武ライオンズ
オリックス・バファローズ
東北楽天ゴールデンイーグルス
千葉ロッテマリーンズ
中日ドラゴンズ
東京ヤクルトスワローズ
巨人ジャイアンツ
阪神タイガース
広島東洋カープ
横浜DeNAベイスターズ
カテゴリ
ショッピング
1月11日発売

12月14日発売
Twitter
最新記事
ブログランキング
にほんブログ村 野球ブログへ人気ブログランキングへ
リンク
QRコード
QRコード
RSSリンクの表示