スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

JR北海道が初8強!道勢では6年ぶり…社会人日本選手権

 苦しんでつかんだ1勝だ。JR北海道は6回には8―1とリードしたが、「2枚看板」の武藤、福山雄(27)が打たれ、8回には1点差に詰め寄られた。9回2死一塁。最後の打者を投ゴロに打ち取ると、狐塚賢浩監督(44)は苦笑いでベンチから歩み出た。「すごい展開でしたね。いつも投手に助けられてる打者陣がよく打ってくれた」

 13安打で9得点。京セラドーム初勝利を打撃戦で飾った。8月の都市対抗1回戦で、三菱重工名古屋に2安打完封負け。以降、課題の打力アップに向けて徹底して振り込んできた。指揮官は、「若手には毎日、特打させてました。打球も速くなり、力強い打撃ができるようになった。歴史を変えられたことは喜ばしい」と笑顔で振り返った。

 若いチームで新たな歴史を刻んだ。8月の都市対抗では先発9人の平均年齢27・77歳だったが、この日は26・11歳。1番・松原、2番・山川、5番・美馬が先発の座をつかみ、いずれも2安打。松原は「素振り、ティー、フリー打撃と朝から晩まで振ってました」と笑った。

 経験豊富な主将がバットで引っ張った。中野はこの日は先発で唯一の30代だったが、3回に先制の右越え二塁打、6回にも左中間へ2点適時三塁打。4番の仕事を果たし、勝利を導いた。

 準々決勝はNTT東日本戦。「若手を伸び伸びプレーさせて、何とか勢いで行きたい」と主将。新生JR北海道が、全国の頂点への“線路”を突っ走る。
(報知)
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

訪問者数
球団別ドラフト情報
福岡ソフトバンクホークス
北海道日本ハムファイターズ
埼玉西武ライオンズ
オリックス・バファローズ
東北楽天ゴールデンイーグルス
千葉ロッテマリーンズ
中日ドラゴンズ
東京ヤクルトスワローズ
巨人ジャイアンツ
阪神タイガース
広島東洋カープ
横浜DeNAベイスターズ
カテゴリ
ショッピング
1月11日発売

12月14日発売
Twitter
最新記事
ブログランキング
にほんブログ村 野球ブログへ人気ブログランキングへ
リンク
QRコード
QRコード
RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。