スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

福岡工大城東高・笠原獲りで夢のGT兄弟対決だ…阪神

 阪神が、今秋ドラフトの上位候補として福岡工大城東高・笠原大芽(たいが)投手(17)をリストアップしていることが24日、分かった。身長185センチと長身の左腕に、球団は早くから注目。兄・将生(しょうき)投手(21)は巨人でプレーしており、将来的にはGT戦での夢の兄弟対決が実現するかもしれない。

 伝統の一戦での夢の兄弟対決に向け、阪神がリストの上位に高校球界屈指の左腕の名前を挙げた。福岡工大城東高・笠原は身長185センチの長身から投げおろす143キロの直球と2種類のカーブが武器。球団関係者は「貴重な左(投手)だし、背が高いのが大きな魅力」と、高い評価を与えた。

 昨年のドラフトでは外野手の伊藤隼(慶大)を1位指名。球団首脳はドラフト当時、「来年のドラフトを見据えての野手指名でもある」と話しており、今秋は投手中心に指名する方針を固めている。慶大・福谷、亜大・東浜ら、大学生の即戦力投手が1位指名の筆頭候補だが、将来性に期待される高校生左腕の名前も、上位指名候補としてランクされている。

 1月20日に17歳になったばかり。「高校生なので、これからを見ていかないといけない」と、スカウト陣のひとりが話すように、今後1年間にわたって徹底マークを継続する。昨秋は九州大会8強ながら、センバツ出場の望みを残しており、春から夏にかけての成長を見届けるつもりだ。

 父が元ロッテ投手の栄一(45)さん、兄が巨人の若手右腕・将生(20)と、血筋は野球一家。ライバル球団に所属する実兄は昨季終了後、プエルトリコのウインターリーグに派遣された将来のエース候補。直接対決が実現すれば、伝統の一戦がさらに盛り上がることは間違いない。名前も「たいが」と猛虎を連想させ、ファン心理を味方につける意味でも、もってこいだ。

 チームには現在、エース・能見に岩田、セットアッパーの榎田と、左腕の好投手がそろうが、25歳の榎田から下の世代は層が薄く、次代を担うサウスポーの獲得は欠かせない。長期的なビジョンのもと、九州の「タイガー」の動向に注目していく。
(報知)
関連記事
スポンサーサイト

tag : 阪神ドラフト情報

コメントの投稿

非公開コメント

訪問者数
球団別ドラフト情報
福岡ソフトバンクホークス
北海道日本ハムファイターズ
埼玉西武ライオンズ
オリックス・バファローズ
東北楽天ゴールデンイーグルス
千葉ロッテマリーンズ
中日ドラゴンズ
東京ヤクルトスワローズ
巨人ジャイアンツ
阪神タイガース
広島東洋カープ
横浜DeNAベイスターズ
カテゴリ
ショッピング
1月11日発売

12月14日発売
Twitter
最新記事
ブログランキング
にほんブログ村 野球ブログへ人気ブログランキングへ
リンク
QRコード
QRコード
RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。