スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

白樺学園・小林、立正大に合格

北海道注目の投手でした。
力をつけて4年後のプロ入りへ期待です。

ドラフト候補選手の動画は動画別館に移動しました

野球関連の雑誌、DVD新作情報
 夏の甲子園で道勢初の満塁本塁打を放った白樺学園の小林航(3年)が28日、東都大学リーグ2部の立正大に合格した。

 夏はエースとして同校を5年ぶりの聖地に導いた。その後は右肩痛に悩まされたが、3番打者として初戦の鳥取商戦に3安打。2回戦の智弁和歌山戦では延長10回サヨナラ負けを喫したが、7回に一時同点となる満塁弾を放った。プロ志望届を提出したが指名はなく、進学を決めた。

 野手、投手のどちらを選ぶかは入学後となるが、同じ東都の大正大でプレーした大内康至部長(31)は「2部の立正大を1部に上げる力になってほしい」と期待している。

 ◆小林 航(こばやし・わたる)1993年4月27日、音更町生まれ。音更鈴蘭小3年時に中札内パワーズで野球を始める。下音更中で軟式野球部。白樺学園では1年秋の十勝地区予選で初のベンチ入り。高2秋は外野手、高3春はエースで全道出場。今夏は北北海道大会優勝で甲子園出場。179センチ、77キロ。右投右打。家族は両親と姉2人。
(報知)
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

訪問者数
球団別ドラフト情報
福岡ソフトバンクホークス
北海道日本ハムファイターズ
埼玉西武ライオンズ
オリックス・バファローズ
東北楽天ゴールデンイーグルス
千葉ロッテマリーンズ
中日ドラゴンズ
東京ヤクルトスワローズ
巨人ジャイアンツ
阪神タイガース
広島東洋カープ
横浜DeNAベイスターズ
カテゴリ
ショッピング
1月11日発売

12月14日発売
Twitter
最新記事
ブログランキング
にほんブログ村 野球ブログへ人気ブログランキングへ
リンク
QRコード
QRコード
RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。