スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

モバゲー、東洋大のアマNO1左腕・藤岡指名へ

 横浜は25日、横浜市内の球団事務所で編成会議を開き、27日のドラフト会議で東洋大のアマNO1左腕、藤岡貴裕投手(22)を1位指名することを決定した。球団は28日にディー・エヌ・エー(DeNA)社への譲渡が正式発表される予定。競合必至のサウスポーを引き当て、“モバゲー・ベイ”のスターに育て上げる。

 “モバゲー第1期生”の中心キャラとして、即戦力左腕をゲットする。1位指名を決めた東洋大・藤岡について、編成部の堀井専任部長は「そら、1番いい評価。やっぱり完投能力があるし、三振を取れる球がある。(投球は)力だけでなく、柔らかい所もある」とべた褒め。すでに1位指名を公言しているロッテなど、最大6球団の競合となる。「うちは左のスターターが欲しい。正攻法でいくチームは、どこも投手陣が良くなっている。抽選は当たった者勝ちだから」。12球団ワーストのチーム防御率3・87と苦戦した投手陣の再建を託したい。

 まもなく誕生する“モバゲー球団”としても、何としても欲しい逸材だ。藤岡は移動中にゲームに熱中する大のゲーマー。1年目から先発ローテを任せられる実力はもちろん、「怪盗ロワイヤル」など携帯ゲームを売りとする新オーナー企業のイメージキャラクターとしても期待が高まる。身売りでドタバタの球団は尾花監督が休養中で、運命のくじ引き役は決まらなかった。河本取締役は「くじ引きは明日(26日)、球団内で予備抽選をしないと。誰がくじ運が強いのか」と強運の球団関係者に大役を託すプランを明かした。

 外れ1位は近大・中後悠平投手、同大・小林誠司捕手ら補強ポイントのセンターラインが中心。全体では育成を含めて10選手の獲得を目指す。仮に藤岡の交渉権をつかめば、堀井部長は「球団がなくなるわけではない。獲る選手には状況を説明するつもり」と会議当日の27日にも東洋大を訪問する意向。新生ベイの看板となる実力派左腕の獲得へ全力を注ぐ。
(報知)
関連記事
スポンサーサイト

tag : 横浜ドラフト情報

訪問者数
球団別ドラフト情報
福岡ソフトバンクホークス
北海道日本ハムファイターズ
埼玉西武ライオンズ
オリックス・バファローズ
東北楽天ゴールデンイーグルス
千葉ロッテマリーンズ
中日ドラゴンズ
東京ヤクルトスワローズ
巨人ジャイアンツ
阪神タイガース
広島東洋カープ
横浜DeNAベイスターズ
カテゴリ
ショッピング
1月11日発売

12月14日発売
Twitter
最新記事
ブログランキング
にほんブログ村 野球ブログへ人気ブログランキングへ
リンク
QRコード
QRコード
RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。