スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

新生ベイ“隠れキャラ”日本文理高4番・高橋洸…横浜

 横浜がドラフトの隠し玉として、日本文理高の高橋洸内野手(18)の指名を検討していることが24日、分かった。

 D社創業者である南場智子氏の出身地・新潟から、ドラフトの“隠れキャラ”をゲットする。高橋は甲子園に春夏合わせて3回出場し、1年夏には全国準優勝も経験。高校通算15本塁打の大型内野手だ。50メートルを6秒を切るタイムで駆け抜け、遠投は110メートル以上の強肩を誇る。今夏の甲子園は「4番・三塁」で出場したが、2年春までは投手。ストレートは最速140キロをマークした。

 球団関係者は「ドラフト候補の中の1人。まだ高校生で、将来性の高い選手」と説明。フェニックスリーグでは投手のブランドンが外野を守るなど、野手陣の手薄さは否めない。将来性の高い高校生野手は重要な補強ポイントだ。

 27日のドラフト会議は現体制で行われ、加地社長らが出席する予定。ドラフト1位は東洋大・藤岡貴裕、明大・野村祐輔の即戦力投手2人に絞っており、25日の編成会議で決定する方針だ。“モバゲー第1期生”でチーム浮上の礎を築きたいところだ。

 ◆高橋 洸(たかはし・こう)1993年4月30日、新潟市生まれ。18歳。小合東小2年から野球を始め、日本文理高では1年春から投手でベンチ入り。同年夏には控え投手で全国準優勝を経験した。3年時には三塁手として春夏連続で甲子園出場。高校通算15本塁打。184センチ、77キロ。血液型A。右投右打。好きな選手は横浜・森本稀哲外野手。
(報知)
関連記事
スポンサーサイト

tag : 横浜ドラフト情報

訪問者数
球団別ドラフト情報
福岡ソフトバンクホークス
北海道日本ハムファイターズ
埼玉西武ライオンズ
オリックス・バファローズ
東北楽天ゴールデンイーグルス
千葉ロッテマリーンズ
中日ドラゴンズ
東京ヤクルトスワローズ
巨人ジャイアンツ
阪神タイガース
広島東洋カープ
横浜DeNAベイスターズ
カテゴリ
ショッピング
1月11日発売

12月14日発売
Twitter
最新記事
ブログランキング
にほんブログ村 野球ブログへ人気ブログランキングへ
リンク
QRコード
QRコード
RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。