スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ドラフト1位見直し!東海大甲府・高橋指名も…阪神

 阪神のドラフト1位候補が一転、白紙となったことが25日、分かった。これまで慶大・伊藤隼太外野手(22)を最有力候補に挙げていたが、真弓明信監督(58)の退任などがあり、1位候補の見直しを決定。東海大甲府・高橋周平内野手(18)が急浮上するなど、他球団の動向を含め、27日の会議当日まで徹底的に調査を重ねる。

 ドラフト会議を2日後に控え、固まりつつあったドラフト戦略に変化が生じた。「正直、何も決まっていない状態です。現時点で1人に絞るというのはありません」。実名こそ挙げなかったものの、球団関係者は慶大・伊藤に一本化とみられていた流れを否定した。

 来季も指揮を執る予定だった真弓監督はスカウト会議に出席するなど、編成部と積極的に意見交換を行ってきた。1月には「大きいのが打てる選手が欲しい」と大砲候補をリクエスト。沼沢球団本部長兼編成部長を始め、スカウト陣も東京六大学リーグに精力的に足を運んできたが、指揮官の退任に伴い、状況が変わったようだ。

 即戦力選手の補強を最優先に進めてきた球団は走攻守の三拍子がそろった伊藤を高く評価しつつも、高校通算71本塁打と無限の可能性を秘めた高橋にも注目。ヤクルト、中日が指名濃厚な逸材だけに、抽選のリスクを冒すことも含め、会議直前まで徹底的に検証する。

 坂井信也オーナー(63)は、新監督就任が決定的な和田打撃コーチに「主軸を打てるような打者が出てくれば。新しくて、打てるような選手が出てくると楽しみ」と大きな期待を寄せている。次世代の主砲選びは、猛虎の将来を大きく左右する。
(報知)
関連記事
スポンサーサイト

tag : 阪神ドラフト情報

訪問者数
球団別ドラフト情報
福岡ソフトバンクホークス
北海道日本ハムファイターズ
埼玉西武ライオンズ
オリックス・バファローズ
東北楽天ゴールデンイーグルス
千葉ロッテマリーンズ
中日ドラゴンズ
東京ヤクルトスワローズ
巨人ジャイアンツ
阪神タイガース
広島東洋カープ
横浜DeNAベイスターズ
カテゴリ
ショッピング
1月11日発売

12月14日発売
Twitter
最新記事
ブログランキング
にほんブログ村 野球ブログへ人気ブログランキングへ
リンク
QRコード
QRコード
RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。