スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

明大・野村、30勝&300K達成でV王手

 首位の明大が東大に先勝し、4季ぶりの優勝に王手をかけた。ドラフト1位候補・野村祐輔投手(4年・広陵)は7回7奪三振、4失点で今季6勝目。通算30勝、同356奪三振となり、早大の斎藤(現日本ハム)以来7人目の「30勝&300奪三振」を達成した。

 納得がいかなかった。ポーカーフェースであまり感情を出さない野村が、首をかしげる場面が幾度かあった。最下位の東大に9安打4失点したが、味方打線の大量援護で“大台”に到達した。

 「きょうは高めに浮いていた。ふがいないです」と反省しきり。だが、史上7人目の記録を達成したことには「入学したときは全く意識しなかった。すごく光栄なこと」とちょっぴりほおを緩めた。27日のドラフト会議で1位指名を表明している広島の苑田スカウト部長は「(1位で)いきます」と変わらぬ評価を口にした。
(デイリー)
関連記事
スポンサーサイト

tag : 広島ドラフト情報

訪問者数
球団別ドラフト情報
福岡ソフトバンクホークス
北海道日本ハムファイターズ
埼玉西武ライオンズ
オリックス・バファローズ
東北楽天ゴールデンイーグルス
千葉ロッテマリーンズ
中日ドラゴンズ
東京ヤクルトスワローズ
巨人ジャイアンツ
阪神タイガース
広島東洋カープ
横浜DeNAベイスターズ
カテゴリ
ショッピング
1月11日発売

12月14日発売
Twitter
最新記事
ブログランキング
にほんブログ村 野球ブログへ人気ブログランキングへ
リンク
QRコード
QRコード
RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。