スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

巨人清武代表の前で菅野37勝/首都大学

 ドラフト1位候補の157キロ右腕、東海大・菅野智之投手(4年=東海大相模)が日体大を8回4安打1失点に抑え、春の雪辱を果たした。今春のリーグ戦では3回戦で敗戦投手となり、結果的に優勝を献上。雨天による中断を挟んでも集中力を切らさず、因縁の相手から毎回の9三振を奪った。27日のドラフト会議で1位指名を表明している巨人は、清武英利球団代表兼GMが初めてリーグ戦視察に訪れた。

 完封でも完投でもない。それでも菅野は、この勝利にこれまで以上の価値を見いだした。「チームとして勝てたことがうれしい。試合前から『内容より勝利』と決めてました」。春に勝ち点を落とし、在学8季中、唯一優勝を譲った相手。それが日体大だった。

 舞台は万全ではなかった。2回終了後に雨天で40分間中断。砂を足したマウンドは傾斜がなく「高い平面で投げてる感じ」。直後に失点した。バランスを取ろうとワインドアップを試し、球種とコースも絞って修正。降板する8回まで、毎回の9三振を奪った。

 ドラフト前最終登板の可能性もある中、今季無傷の5勝目だ。リーグ戦全勝まであと1つ。「入学してから2回全勝優勝しましたけど、2回とも全国の決勝まで行ってるんですよ」。今日勝てば、全国制覇への吉兆となる。
(日刊)
関連記事
スポンサーサイト

tag : 巨人ドラフト情報

コメントの投稿

非公開コメント

訪問者数
球団別ドラフト情報
福岡ソフトバンクホークス
北海道日本ハムファイターズ
埼玉西武ライオンズ
オリックス・バファローズ
東北楽天ゴールデンイーグルス
千葉ロッテマリーンズ
中日ドラゴンズ
東京ヤクルトスワローズ
巨人ジャイアンツ
阪神タイガース
広島東洋カープ
横浜DeNAベイスターズ
カテゴリ
ショッピング
1月11日発売

12月14日発売
Twitter
最新記事
ブログランキング
にほんブログ村 野球ブログへ人気ブログランキングへ
リンク
QRコード
QRコード
RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。