FC2ブログ

育成枠で岩手大の鉄腕・三浦指名へ…ソフトバンク

 ソフトバンクが27日に行われるドラフト会議の“隠し玉”として、北東北大学リーグの岩手大・三浦翔太投手(21)を育成選手として指名する方針であることが22日、分かった。下手投げで最速137キロと球威には欠けるものの、浮き上がるような球道と、低めを丁寧に突く制球力が持ち味。だが、最大のセールスポイントは無尽蔵のスタミナだ。

 監督不在、部員も4学年合わせて30人程度という地方の国立大で、1年春にリーグ戦デビュー。3年時には春秋通じて20試合すべてに先発し、4年時も全20試合に登板した。4年間でチーム80試合のうち、72試合に登板して計544イニングを投げ、八戸大、富士大、青森大と強豪がそろう北東北大学リーグで通算35勝(27敗)のリーグ新記録を樹立した。

 鉄腕ぶりに注目したソフトバンクから、育成選手としての獲得を前提に調査書も届いている。国立大からのドラフト指名は、08年ロッテ4位の坪井俊樹(筑波大)まで8人いるが、育成ドラフトでは09年巨人育成5位の神田直輝(群馬大教育学部)以来、3人目。“みちのくの鉄腕サブマリン”が、プロの世界に飛び込む。

 ◆三浦 翔太(みうら・しょうた)1989年11月10日、岩手・大槌町生まれ。21歳。小3から野球を始める。盛岡大付1年時に下手投げに転向し、2年秋からエース。3年夏は県大会4強。岩手大では3年秋にシーズン7勝、4年春に通算31勝のリーグ新記録を樹立した。通算72試合で35勝27敗、防御率1・87。177センチ、65キロ。右投右打。
(報知)
関連記事
スポンサーサイト



tag : 福岡ソフトバンクドラフト情報

コメントの投稿

非公開コメント

訪問者数
球団別ドラフト情報
福岡ソフトバンクホークス
北海道日本ハムファイターズ
埼玉西武ライオンズ
オリックス・バファローズ
東北楽天ゴールデンイーグルス
千葉ロッテマリーンズ
中日ドラゴンズ
東京ヤクルトスワローズ
巨人ジャイアンツ
阪神タイガース
広島東洋カープ
横浜DeNAベイスターズ
カテゴリ
ショッピング
1月11日発売

12月14日発売
Twitter
最新記事
ブログランキング
にほんブログ村 野球ブログへ人気ブログランキングへ
リンク
QRコード
QRコード
RSSリンクの表示