スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ナベQ引力で東洋大・藤岡も引く!大石&雄星に続くぞ!…西武

 西武が27日に行われるドラフト会議で、東洋大のアマNO1左腕・藤岡貴裕投手(22)を1位指名の最有力候補に挙げていることが19日、分かった。MAX153キロを誇るサウスポーは、最大7球団による抽選が必至な情勢だが、18日に来季続投が決定した“ゴッドハンド”を持つ渡辺監督の強運にすべてを託す。

 18日、編成トップに就いた鈴木葉留彦球団本部長兼編成部長(60)は、目前に迫ったドラフトについて「ある程度は進めています」と話すにとどめた。だが、関係者の話を総合すると、やはり本命は藤岡だった。西武のローテーションは現在、西口や石井一のベテラン勢が担っており、新時代を担う先発完投型が補強ポイントとなっている。即戦力左腕は、ノドから手が出るほど欲しい。

 すでに藤岡にはロッテが1位指名を明言。オリックスや日本ハム、横浜なども1位候補にリストアップしており、競合は避けられない。ある在京球団スカウトは「最終的には5球団程度になるのでは」と見通しを語った。

 西武にとってのアドバンテージは、何といっても渡辺監督の強運だ。09年は菊池を、10年は大石を、2年連続で6球団競合の末に引き当てた。くじ運の強さは折り紙付き。2度あることは3度ある。

 西武は18日、レギュラーシーズン最終戦で日本ハムに勝利。オリックスをわずか1毛差でまくり、3位に浮上し、土壇場での逆転CS出場を決めた。この日、チームは休養日。29日からのCS第1S・日本ハム戦(札幌D)に向け、20日からは宮崎・南郷で「勝利への執念合宿」に臨む。渡辺監督は大一番の采配を前に、ドラフトでも大勝負に挑むことになりそうだ。
(報知)
関連記事
スポンサーサイト

tag : 埼玉西武ドラフト情報

コメントの投稿

非公開コメント

訪問者数
球団別ドラフト情報
福岡ソフトバンクホークス
北海道日本ハムファイターズ
埼玉西武ライオンズ
オリックス・バファローズ
東北楽天ゴールデンイーグルス
千葉ロッテマリーンズ
中日ドラゴンズ
東京ヤクルトスワローズ
巨人ジャイアンツ
阪神タイガース
広島東洋カープ
横浜DeNAベイスターズ
カテゴリ
ショッピング
1月11日発売

12月14日発売
Twitter
最新記事
ブログランキング
にほんブログ村 野球ブログへ人気ブログランキングへ
リンク
QRコード
QRコード
RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。