スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

阪神ドラフト戦略、将来の大砲狙う

 阪神が18日、西宮市内の球団事務所でスカウト会議を行う。焦点はドラフト1位の選定。2年ぶりのBクラスが決まり、再建に動き出す虎の1位が、即戦力の長距離砲として高く評価する慶大・伊藤隼太外野手(4年)でいいのかどうか、南信男球団社長(57)らフロントも交えて最終チェックを行う。


 今オフのドラフト戦略の基本は『将来の大砲候補』の獲得。伊藤の他に高校NO・1スラッガー、東海大甲府高・高橋周平内野手(3年)にも注目している。外れ1位を含めた上位候補には1メートル92の左腕、英明高・松本竜也投手(3年)をリストアップ。捕手では九州国際大付高・高城俊人(3年)をマークしている。また手薄な遊撃手も補強ポイントに挙がっている。
(サンスポ)
関連記事
スポンサーサイト

tag : 阪神ドラフト情報

コメントの投稿

非公開コメント

訪問者数
球団別ドラフト情報
福岡ソフトバンクホークス
北海道日本ハムファイターズ
埼玉西武ライオンズ
オリックス・バファローズ
東北楽天ゴールデンイーグルス
千葉ロッテマリーンズ
中日ドラゴンズ
東京ヤクルトスワローズ
巨人ジャイアンツ
阪神タイガース
広島東洋カープ
横浜DeNAベイスターズ
カテゴリ
ショッピング
1月11日発売

12月14日発売
Twitter
最新記事
ブログランキング
にほんブログ村 野球ブログへ人気ブログランキングへ
リンク
QRコード
QRコード
RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。