スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

東海大V「菅野に意中の球団」/首都大学

 東海大が大東大に連勝で開幕から8連勝の勝ち点4とし、最終週の日体大戦を待たずに2季ぶり62度目の優勝を決めた。巨人がドラフト1位指名を表明している157キロ右腕、菅野智之投手(4年=東海大相模)は登板しなかったが、入学から8季中7季優勝は伯父である巨人原監督の現役時代に並ぶ快挙。試合後には横井人輝監督(49)が初めて、菅野に意中の球団があるらしいと明かした。試合は、左腕の渡辺圭投手(2年=東海大甲府)が1安打完封と好投した。

 登板はしなかったが、菅野の表情は晴れやかだった。「優勝は7回目ですが、今日が一番うれしい。一生忘れられない」。今春は日体大に敗れ、入学後初めて2位に沈んだ。負けて初めて勝つ喜びを再確認、人生初の胴上げに酔いしれた。8季中7季優勝で伯父、巨人原監督に並び「できれば追い抜きたかった」と笑った。

 2点リードで、本来なら8回から登板予定だった。しかし、内野安打1本しか許さない渡辺の好投に「監督、最後まで投げさせてやってください。走者が出ればいつでも行きますから」と直訴。歓喜の瞬間は率先してベンチから飛び出し、渡辺の元に駆け寄った。

 27日に迫るドラフト会議の超目玉。横井監督は初めて「本人の気持ちは揺るがないものがあるように感じた」と、菅野の意思を推察した。意中の球団があるのか、との問いには「まあ、そうでしょうね。気持ちは強く固まってるんじゃないか」と話し、すでに1位指名を表明し、伯父が指揮を執る巨人への入団を希望していることを示唆した。

 菅野自身はその話に触れなかったが、「小さい頃からこの東海大のユニホームを着てプレーしたい思いがあった」と話すように、東海大相模、東海大と伯父の背中を追いかけてきた。来週はいよいよ、ドラフト前最後の試合となる日体大戦。関東地区大学選手権、明治神宮大会と戦いは続くが、まずは春のリベンジを遂げ、有終の美で首都大学リーグを去る。
(日刊)
関連記事
スポンサーサイト

tag : 巨人ドラフト情報

コメントの投稿

非公開コメント

訪問者数
球団別ドラフト情報
福岡ソフトバンクホークス
北海道日本ハムファイターズ
埼玉西武ライオンズ
オリックス・バファローズ
東北楽天ゴールデンイーグルス
千葉ロッテマリーンズ
中日ドラゴンズ
東京ヤクルトスワローズ
巨人ジャイアンツ
阪神タイガース
広島東洋カープ
横浜DeNAベイスターズ
カテゴリ
ショッピング
1月11日発売

12月14日発売
Twitter
最新記事
ブログランキング
にほんブログ村 野球ブログへ人気ブログランキングへ
リンク
QRコード
QRコード
RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。