スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

青森大・吉田、ニンニクパワーで初の全国つかむ…大学野球

 大学野球の明治神宮大会(11月23日開幕・神宮球場ほか)出場権を懸けた東北地区代表決定戦が14日、青森県営球場で開幕する。北東北リーグで今秋、7季ぶりに優勝した青森大は16年ぶりの神宮大会出場を目指す。カギを握るのは、最速150キロ右腕・吉田友大(3年・田子)。秋季リーグ戦で7勝無敗、防御率0・57をマークした大黒柱が、自身初の全国大会出場へ向け活躍を誓った。

 吉田が投じる球質の重いボールが、捕手のミットに吸い込まれていく。ブルペンで約30球の投げ込みをした青森大の150キロ右腕は、「リーグ戦後、疲れで肩が上がらなかった時期もあったけど、もう大丈夫。万全です」と笑顔を見せた。

 今秋、チームを7季ぶりのリーグVに導いた。全10試合中8試合に先発、1試合でリリーフ登板とフル回転。9試合で63回0/3を投げ被安打30、自責点は4、防御率0・57と好投した。リーグの2強である富士大戦と八戸大戦では完封し、岩手大戦では、それまでの最速を4キロ更新する150キロをマーク。今春のリーグ戦で2勝3敗だった男が、秋は7勝無敗と大黒柱に成長した。

 出身は青森・田子町。ニンニクの年間生産量約1600トンの「ニンニクの町」だ。約280戸のニンニク農家があり、母方の祖父母も生産に携わっている。「そんなに食べません」と苦笑するが、ニンニクパワーのおかげ!?か、高校時代から140キロ超えの速球は有名で、町の希望の星的存在だ。

 大学入学後、けんこう骨を痛めたり、右手首のけんしょう炎など、けがに泣かされてきた。それでもくさらずに努力し続け、今、これまで無縁だった全国大会に手が届く場所にいる。「いいチャンスなので、神宮に行きたい」。北の剛腕が全国舞台でベールを脱ぐべく、勝負のマウンドに上がる。

 ◆吉田 友大(よしだ・ともひろ)1990年11月28日、青森県田子町生まれ。20歳。田子小4年時に外野手として野球を始め、田子中2年から本格的に投手に。田子高では1年春から背番号をつけ、2年春からはエースで4番。3年夏は3回戦で光星学院に敗れる。青森大では1年春からリーグ戦に登板。184センチ、88キロ。右投右打。家族は両親と兄。血液型O。
(報知)
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

訪問者数
球団別ドラフト情報
福岡ソフトバンクホークス
北海道日本ハムファイターズ
埼玉西武ライオンズ
オリックス・バファローズ
東北楽天ゴールデンイーグルス
千葉ロッテマリーンズ
中日ドラゴンズ
東京ヤクルトスワローズ
巨人ジャイアンツ
阪神タイガース
広島東洋カープ
横浜DeNAベイスターズ
カテゴリ
ショッピング
1月11日発売

12月14日発売
Twitter
最新記事
ブログランキング
にほんブログ村 野球ブログへ人気ブログランキングへ
リンク
QRコード
QRコード
RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。