スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

東洋大・藤岡、巨を寄せ付けず/東都大学

 今秋ドラフト1位候補の東洋大・藤岡貴裕投手(4年=桐生一)が、来秋ドラフトの目玉、亜大・東浜巨(なお)投手(3年=沖縄尚学)に投げ勝ち今季5勝目(1敗)、現役最多の通算26勝目(9敗)を挙げた。3回に先制を許したが、8回に1番小田裕也外野手(4年=九州学院)の2点二塁打で2-1と逆転。8、9回の2イニングで4三振を奪い140球完投。勝ち点3とし、チームの春秋連覇へ望みをつないだ。

 藤岡が東洋大の連覇にいちるの望みを残した。敗れれば優勝争いから脱落する一戦。強くライバル視する東浜との学生最後の投げ合いに、負けるわけにはいかなかった。互いに被安打5と、我慢比べの勝負を制し「優勝したいという気持ちと、東浜に負けたくないという気持ちで投げました」と満足そうな表情で振り返った。

 これで通算勝利でも1つ東浜を上回った。1学年下の右腕と勝利数を競る形だが、藤岡が本格的にチームの軸となったのは3年生から。3年春からの2年4季で挙げた勝利は22勝と驚異的な数字だ。

 最速153キロの剛腕はスタミナも十分だ。今春リーグ戦は全11試合のマウンドに上がった。今季も10戦中7戦に登板、中1日での登板は4カード中3カードに上る。通算完投数は登板48試合中23試合。うち22完投はこの2年で記録した。視察した中日正津スカウトは「年間を通じて連投や中1日で投げる、精神的な疲れもあると思う。その中でも、それなりに抑えるのだから大したもの」と称賛した。

 フィールディングも抜群だ。この日も1回に左を抜けようかというライナーを好捕。3回は1死三塁から9番下舘の初球スクイズを難なく外した。多くのプロスカウトが「即戦力の先発左腕」と高評価するゆえんも、この辺りにある。

 27日のドラフトで最も重複指名される可能性が高い。運命の日は近づいたが、まだそれほど意識していないという。今の優先事項が、チームの優勝だからだ。亜大、青学大の勝敗次第という状況だが「他力本願だけど可能性は残っている」と力を込めた。
(日刊)
関連記事
スポンサーサイト

tag : 中日ドラフト情報

コメントの投稿

非公開コメント

訪問者数
球団別ドラフト情報
福岡ソフトバンクホークス
北海道日本ハムファイターズ
埼玉西武ライオンズ
オリックス・バファローズ
東北楽天ゴールデンイーグルス
千葉ロッテマリーンズ
中日ドラゴンズ
東京ヤクルトスワローズ
巨人ジャイアンツ
阪神タイガース
広島東洋カープ
横浜DeNAベイスターズ
カテゴリ
ショッピング
1月11日発売

12月14日発売
Twitter
最新記事
ブログランキング
にほんブログ村 野球ブログへ人気ブログランキングへ
リンク
QRコード
QRコード
RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。