スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

東洋大・藤岡、東浜に貫禄勝ち!通算300Kで今季4勝目…東都大学野球

 27日に行われるドラフト会議の目玉左腕、東洋大・藤岡貴裕(4年)が、亜大の来秋ドラフト候補右腕・東浜巨(なお、3年)との投げ合いを制した。7安打1失点完投で今季4勝目を挙げ、東浜と並ぶ現役最多のリーグ戦通算25勝目。また、9三振を奪い、東浜とともに07年春の東洋大・大場翔太(現ソフトバンク)以来となる通算300奪三振を達成した。東洋大の高橋昭雄監督(63)は、リーグ史上2人目の通算500勝。青学大は中大に先勝した。
 恩師の記念試合に、自身の節目も重ねた。153キロ左腕・藤岡が後輩の東浜に貫禄を示した。7回2死二塁。1ボール2ストライクからの4球目。外角低めの147キロ直球で見逃し三振を奪い、通算300K。「数えていました。一番自信のある真っすぐで狙って取れてニヤけちゃいました」。最速は148キロも、常時140キロ台中盤を計測した球威で303Kまで上積みした。

 高橋監督に500勝のウイニングボールを手渡そうと、最後の打者を三振に仕留めたが、藤本吉紀捕手が鈴木大地主将に渡してしまい、主将から指揮官へ贈られた。「自分が渡すつもりだったんで、あれっと思ったんですけど。監督さんの500勝ができてよかったです」と笑った。

 ネット裏では、日米12球団のスカウトが視察。観客席は最上段まで埋まり、約5000人がリーグの看板2投手の投げ合いに沸いた。「今季最多。平日開催の試合では今年一番では」と東都大学野球連盟の白鳥正志事務局長。東洋大進学が有力な東洋大姫路の147キロ右腕・原樹理(3年)、慶大のドラフト1位候補・伊藤隼太外野手(4年)も観戦した。藤岡は「東浜とは一番楽しみにしている対戦。勝ててうれしい」と通算4勝1敗とした。

 春秋連覇へ大事な首位攻防戦だ。同じく「BIG3」と呼ばれる東海大・菅野智之、明大・野村祐輔投手(ともに4年)は東京六大学、首都大学リーグで首位を走り、11月の明治神宮大会出場が有力だ。「大学選手権は自分だけが出た。今度は自分だけ出れないことがないようにしたい」と藤岡。川越市内の合宿所の自室には菅野と野村との3ショット写真を飾り、発奮材料にしている。「負けられない」―。全国舞台での再会に向け、12日の2回戦も救援登板に備える。
(報知)
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

訪問者数
球団別ドラフト情報
福岡ソフトバンクホークス
北海道日本ハムファイターズ
埼玉西武ライオンズ
オリックス・バファローズ
東北楽天ゴールデンイーグルス
千葉ロッテマリーンズ
中日ドラゴンズ
東京ヤクルトスワローズ
巨人ジャイアンツ
阪神タイガース
広島東洋カープ
横浜DeNAベイスターズ
カテゴリ
ショッピング
1月11日発売

12月14日発売
Twitter
最新記事
ブログランキング
にほんブログ村 野球ブログへ人気ブログランキングへ
リンク
QRコード
QRコード
RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。