スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

阪神1位「ドラフト当日」まで協議

 阪神は5日、西宮市内の球団事務所でスカウト会議を行った。沼沢球団本部長は1位について、27日のドラフト会議当日まで協議していく考えを示し、唐津商・北方、宮崎日大・武田の評価が急上昇していることが明らかになった。

 この日は大学、社会人、高校生でリストアップしていた候補を約60人まで絞り込んだ。うち高校生が6割を占めており、候補選手を1位グループ、2位グループに振り分ける作業も行った。

 1位グループは12人強で野手は慶大・伊藤、東海大甲府の高橋、投手では東海大・菅野や東洋大・藤岡が入った。さらに外れ1位候補として英明・松本、153キロの直球で甲子園を沸かせた北方、本格派右腕の武田も入っているとみられる。今後は再度スカウト会議を行う予定で、指名人数は5、6人になる見込み。また育成選手の獲得について沼沢本部長は「検討しています」と語った。
(デイリー)
関連記事
スポンサーサイト

tag : 阪神ドラフト情報

コメントの投稿

非公開コメント

訪問者数
球団別ドラフト情報
福岡ソフトバンクホークス
北海道日本ハムファイターズ
埼玉西武ライオンズ
オリックス・バファローズ
東北楽天ゴールデンイーグルス
千葉ロッテマリーンズ
中日ドラゴンズ
東京ヤクルトスワローズ
巨人ジャイアンツ
阪神タイガース
広島東洋カープ
横浜DeNAベイスターズ
カテゴリ
ショッピング
1月11日発売

12月14日発売
Twitter
最新記事
ブログランキング
にほんブログ村 野球ブログへ人気ブログランキングへ
リンク
QRコード
QRコード
RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。