スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

明大・野村がプロ志望届を提出

 広島が1位指名を公言するドラフト候補の明大・野村祐輔投手(4年=広陵)が29日、所属する東京6大学野球連盟にプロ志望届を提出した。慶大戦(10月1日から)を前に、大安吉日の提出。東京・府中のグラウンドで調整練習を行った野村は「春負けた慶応には負けられない。すっきりしてリーグ戦に集中できます」と話した。今季の3勝を加えて通算27勝としている右腕は、広島のほかここへきて日本ハムなども評価を上げている。明大からは島内宏明外野手(4年=星稜)と柴田章吾投手(4年=愛工大名電)もプロ志望届を提出した。

 ◆5人加わり77人 日本高野連は29日、ホームページ上で同日までにプロ志望届を提出した選手を公表し、新たに山形中央・横山雄哉投手(3年)ら5人が加わって77人になった。
(日刊)
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

訪問者数
球団別ドラフト情報
福岡ソフトバンクホークス
北海道日本ハムファイターズ
埼玉西武ライオンズ
オリックス・バファローズ
東北楽天ゴールデンイーグルス
千葉ロッテマリーンズ
中日ドラゴンズ
東京ヤクルトスワローズ
巨人ジャイアンツ
阪神タイガース
広島東洋カープ
横浜DeNAベイスターズ
カテゴリ
ショッピング
1月11日発売

12月14日発売
Twitter
最新記事
ブログランキング
にほんブログ村 野球ブログへ人気ブログランキングへ
リンク
QRコード
QRコード
RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。