スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ヤクルトのドラ1は東海大甲府・高橋周平

 ヤクルトが今秋ドラフトで高校通算71本塁打のスラッガー、東海大甲府(山梨)高橋周平内野手(3年)を1位指名する方針を固めたことが27日、分かった。前日までに編成サイドで意思統一し、この日、鳥原チーフスカウトが小川監督と会談。現場側の意思を最終確認し、将来の4番候補の指名に踏み切ることが決定した。

 10月27日に行われるドラフト1カ月前の決定は、最大限の評価の表れだ。鳥原チーフスカウトは「1位で指名することになりました。最大の魅力は、パワーのあるバッティング。将来の4番として、和製大砲になれる逸材」と説明した。近年、即戦力投手は毎年数人は現れるが、プロで長くレギュラーを張る可能性がある野手は数年に1度しか出てこない。球団に不足する待望の長距離砲として、育成していく方針だ。

 高橋は3年間甲子園出場がない中で、高校日本代表の4番を務めた逸材。今秋ドラフトは東海大・菅野智之投手(4年=東海大相模)、東洋大・藤岡貴裕投手(4年=桐生一)、明大・野村祐輔投手(4年=広陵)の「大学ビッグ3」に指名が集中する見込みで、単独指名になる可能性は十分ある。ヤクルトには同校OBの村中が所属。「恭兵」「周平」コンビが誕生すれば、話題を呼びそうだ。

 ◆高橋周平(たかはし・しゅうへい)1994年(平6)1月18日、神奈川・藤沢市生まれ。小1で投手として野球を始める。中2夏に、湘南クラブボーイズの4番三塁で全国制覇。東海大甲府では1年春に5番、夏から4番に座り、今春から3番。今夏は山梨大会準々決勝で散った。8月末には、甲子園経験がない選手では異例のアジアAAA選手権日本代表に選出され、決勝で先制2ランを放ち、MVPに輝いた。高校通算71本塁打。家族は両親と兄、姉。180センチ、83キロ。右投げ左打ち。
(日刊)
関連記事
スポンサーサイト

tag : 東京ヤクルトドラフト情報

コメントの投稿

非公開コメント

訪問者数
球団別ドラフト情報
福岡ソフトバンクホークス
北海道日本ハムファイターズ
埼玉西武ライオンズ
オリックス・バファローズ
東北楽天ゴールデンイーグルス
千葉ロッテマリーンズ
中日ドラゴンズ
東京ヤクルトスワローズ
巨人ジャイアンツ
阪神タイガース
広島東洋カープ
横浜DeNAベイスターズ
カテゴリ
ショッピング
1月11日発売

12月14日発売
Twitter
最新記事
ブログランキング
にほんブログ村 野球ブログへ人気ブログランキングへ
リンク
QRコード
QRコード
RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。