スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

“ポスト城島”九州国際大付・高城の指名を検討…阪神

 阪神が来月のドラフトで“ポスト城島”として、九州国際大付高(福岡)の高城俊人捕手(18)の指名を検討していることが26日、分かった。生え抜きの「打てる捕手」を育て、次代のチームづくりに着手する。

 2009年のドラフト6位・原口文仁(帝京)、10年の同3位・中谷将大(福岡工大城東)に続いて、阪神が3年連続で高校生捕手を指名する可能性が出てきた。この日、球団関係者は「(ドラフトで)捕手を取りたい」と明言した。キャッチャーが不作の今年のドラフト戦線の中で、熱視線を送っているのが21日にプロ志望届を提出した高城だ。

 高校生NO1捕手は今年、4番・主将として九州国際大付高を2季連続の甲子園に導いた。準優勝に輝いたセンバツでは、準々決勝の北海戦で5打数5安打をマークするなど、大会タイ記録の8打数連続安打を樹立して一躍脚光を浴びた。

 阪神にとって、正捕手育成は長年の課題だ。主力の城島と藤井彰は、来年6月でともに36歳を迎える。横浜隼人高出身で8年目の小宮山が今季、20試合でマスクをかぶっているが、先発出場が一度もないように、伸び悩んでいるのが現状だ。強肩、強打の高城は、うってつけの人材といえる。

 ドラフト1位候補には、慶大・伊藤隼太外野手(22)を筆頭に、東海大甲府高・高橋周平遊撃手(17)、東洋大・藤岡貴裕投手(22)、香川・英明高の松本竜也投手(18)らが挙がっている。直前まで他球団の動向を見ながら、2位以降で逸材捕手の獲得を狙う。

 ◆高城俊人(たかじょう・しゅうと)1993年5月3日、福岡市生まれ。18歳。小学2年から土井ジャガーズで野球を始め、中学時代に所属したボーイズリーグの粕屋フェニックスで全国大会に出場。3年時には同リーグ日本代表で4番・捕手として世界大会優勝。九州国際大付高では1年秋から正捕手で、3年春にセンバツ準優勝。遠投120メートル。家族は両親と兄2人。176センチ、79キロ。右投右打。
(報知)
関連記事
スポンサーサイト

tag : 阪神ドラフト情報

コメントの投稿

非公開コメント

訪問者数
球団別ドラフト情報
福岡ソフトバンクホークス
北海道日本ハムファイターズ
埼玉西武ライオンズ
オリックス・バファローズ
東北楽天ゴールデンイーグルス
千葉ロッテマリーンズ
中日ドラゴンズ
東京ヤクルトスワローズ
巨人ジャイアンツ
阪神タイガース
広島東洋カープ
横浜DeNAベイスターズ
カテゴリ
ショッピング
1月11日発売

12月14日発売
Twitter
最新記事
ブログランキング
にほんブログ村 野球ブログへ人気ブログランキングへ
リンク
QRコード
QRコード
RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。