スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

広島、2位以下は野手指名へ

 広島は26日、マツダスタジアム内の球団事務所で10月27日のドラフト会議に向けたスカウト会議を行った。

 広島は昨年、9人中、8人、投手を指名(育成含む)した。今年も1位は投手が濃厚ながら、2位以下では野手の補強を目指す。今季も若手では丸が台頭してきたとはいえ、不動のレギュラーと言えるのは東出、栗原のみ。広瀬、梵の故障離脱もあり、野手層はまだまだ薄い。

 候補としては俊足巧打の早大主将・土生翔平外野手(21)を即戦力としてリストアップ。ほかに明徳義塾・北川倫太郎外野手(18)、光星学院・川上竜平外野手(18)、東大阪大柏原・石川慎吾外野手(18)ら高校生の長距離砲を狙う。帝京・松本剛内野手(18)も走攻守に身体能力が高く評価されリストに入る。

 投手も野手も上位とそれ以外の候補の力差が大きく「少数精鋭」(球団首脳)と、多くても指名は5人前後となる見込みだ。
(デイリー)
関連記事
スポンサーサイト

tag : 広島ドラフト情報

コメントの投稿

非公開コメント

訪問者数
球団別ドラフト情報
福岡ソフトバンクホークス
北海道日本ハムファイターズ
埼玉西武ライオンズ
オリックス・バファローズ
東北楽天ゴールデンイーグルス
千葉ロッテマリーンズ
中日ドラゴンズ
東京ヤクルトスワローズ
巨人ジャイアンツ
阪神タイガース
広島東洋カープ
横浜DeNAベイスターズ
カテゴリ
ショッピング
1月11日発売

12月14日発売
Twitter
最新記事
ブログランキング
にほんブログ村 野球ブログへ人気ブログランキングへ
リンク
QRコード
QRコード
RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。