スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

阪神スカウト4人態勢で視察 慶大・伊藤1安打3四球

 1回戦2試合が行われ、今秋ドラフト1位候補の慶大・伊藤隼太外野手(4年)はプロ志望届提出後初の一戦で、法大投手陣に警戒されながら1安打3四球とチャンスメークに徹して2―1の白星に貢献した。早大は左腕の大野健介投手(4年)が立大を5安打完封して5―0で先勝した。

 慶大・伊藤がつなぎ役に徹してチームの開幕3連勝に貢献した。3四球を選んで4打席目には右前打。いずれも得点にはつながらなかったが「ボールの見え方はいい。自分の間で打席に入れてる」と納得の表情を浮かべた。今季は3試合13打席で7四球と勝負を避けられているが、江藤省三監督は「いくら歩かされてもつないでいけと言ってる。チームのチャンスは増えるしね」と話す。伊藤をドラフト1位指名候補に挙げ、4人態勢で視察した阪神の佐野仙好編成部次長は「ボールの見極めがしっかりできてる。見極めた上で自分の打撃をしている」と高評価していた。
(スポニチ)
関連記事
スポンサーサイト

tag : 阪神ドラフト情報

コメントの投稿

非公開コメント

訪問者数
球団別ドラフト情報
福岡ソフトバンクホークス
北海道日本ハムファイターズ
埼玉西武ライオンズ
オリックス・バファローズ
東北楽天ゴールデンイーグルス
千葉ロッテマリーンズ
中日ドラゴンズ
東京ヤクルトスワローズ
巨人ジャイアンツ
阪神タイガース
広島東洋カープ
横浜DeNAベイスターズ
カテゴリ
ショッピング
1月11日発売

12月14日発売
Twitter
最新記事
ブログランキング
にほんブログ村 野球ブログへ人気ブログランキングへ
リンク
QRコード
QRコード
RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。