スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ハム、明大野村1位急浮上 広島と競合も

 日本ハムがドラフト1位指名候補として、明大・野村祐輔投手(4年=広陵)を最有力に検討していることが22日、分かった。野村は22日現在、リーグ通算27勝11敗、329奪三振の本格派右腕。これまで東海大甲府の高橋周平内野手(3年)、東洋大の左腕藤岡貴裕投手(4年=桐生一)らの名前が挙がってきたが、実戦向きの即戦力として急浮上。山田GMは「1年目から7~8勝、うまくいけば2ケタ勝てる投手」とほれ込んでいる。

 来季の先発スタッフを考える上で、最も懸念されているのがエース、ダルビッシュのメジャー移籍。仮に流出した場合、先発全体の底上げが急務になってくる。今季、先発ローテに新たに加わったのはドラフト1位で入団した斎藤だけ。吉川、糸数ら期待の投手も1軍に定着できずにいるだけに、即戦力の大学生投手は喉から手が出るほど欲しい存在だ。野村については、広島が早くから1位指名を公言している。
(日刊)
関連記事
スポンサーサイト

tag : 北海道日本ハムドラフト情報

コメントの投稿

非公開コメント

訪問者数
球団別ドラフト情報
福岡ソフトバンクホークス
北海道日本ハムファイターズ
埼玉西武ライオンズ
オリックス・バファローズ
東北楽天ゴールデンイーグルス
千葉ロッテマリーンズ
中日ドラゴンズ
東京ヤクルトスワローズ
巨人ジャイアンツ
阪神タイガース
広島東洋カープ
横浜DeNAベイスターズ
カテゴリ
ショッピング
1月11日発売

12月14日発売
Twitter
最新記事
ブログランキング
にほんブログ村 野球ブログへ人気ブログランキングへ
リンク
QRコード
QRコード
RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。