スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

明大・野村完投 佑超え329K/東京6大学

 明大が法大を破り、勝ち点を2とした。今秋ドラフト1位候補のエース野村祐輔投手(4年=広陵)は8安打を浴びながら、要所を締める投球で2失点の完投。10三振を奪って通算329とし、早大・斎藤佑樹投手(現日本ハム)の323三振を超えた。勝利数は今季3勝目で通算27勝とした。法大は7回に1度は追いついたものの、救援投手が踏ん張れなかった。

 奪った三振はすべて空振りだった。野村は9回1死後、法大の代打木下を134キロのカットボールで仕留めて計10三振とした。ところが、笑みは浮かばない。「4年間やってきてこんなに悪いのは初めて、というぐらいの状態でした」。

 速球が走らない。最速は144キロ止まり。緩急を使い、低めに集めた。「自分のできることに集中しました」。幸い制球力はいつも通り。走らない内角速球をみせ、変化球で打ち取る投球で斎藤を超えた。「そうですか。去年まで一緒の先輩でプロでもローテーションに入ってやっている。そういう投手に勝って、この記録が残るとしたらうれしい」と話した。

 17日の1回戦では、5点リードの6回に5安打を集中され6点を失った。「自分に対してガッカリした」と振り返る。この日も6回1死後に4連打された。1点を失い、なおも満塁。ここで一呼吸おき、併殺打で切り抜けた。「このままじゃ勝てる投球はできない。どうにか変わろうと臨みました」。そんな強い気持ちがピンチを断ちきった。

 斎藤との比較で目立つのが制球力だ。斎藤が61試合で四死球109に対し、60試合の野村は64。悪いなりの投球ができる。1位指名を公言する広島苑田スカウト部長も「球は来てなかった。でもカバーする頭がある」と話した。野村は「走らないストレートを生かすことができた。春からの成長だと思います」。野村が今までにはなかった収穫を得た。
(日刊)
関連記事
スポンサーサイト

tag : 広島ドラフト情報

コメントの投稿

非公開コメント

訪問者数
球団別ドラフト情報
福岡ソフトバンクホークス
北海道日本ハムファイターズ
埼玉西武ライオンズ
オリックス・バファローズ
東北楽天ゴールデンイーグルス
千葉ロッテマリーンズ
中日ドラゴンズ
東京ヤクルトスワローズ
巨人ジャイアンツ
阪神タイガース
広島東洋カープ
横浜DeNAベイスターズ
カテゴリ
ショッピング
1月11日発売

12月14日発売
Twitter
最新記事
ブログランキング
にほんブログ村 野球ブログへ人気ブログランキングへ
リンク
QRコード
QRコード
RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。