スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

菅野33勝300K 無四球完投/首都大学

 10月のドラフト会議で1位指名が確実な157キロ右腕、東海大・菅野智之投手(4年=東海大相模)が、今季初戦でリーグ史上5位の通算33勝目を挙げた。リーグタイ記録の通算13完封はならなかったが、無四球で1失点完投。打たせて取る投球で奪三振は3つにとどまるも、通算で300奪三振に到達した。チームは筑波大に先勝した。

 ドラフト前最後のシーズンを迎えた157キロ右腕が、積み上げた三振を300の大台に乗せた。7回2死目。菅野は筑波大・平井を1ボール2ストライクに追い込み、外角高め146キロの直球で空振り。「取りたいときに三振を取る。今後もこだわりを持ってやっていきたい」と笑った。

 もっとも、この日は内野ゴロ16個の“打ち取る”投球だった。自己最速に9キロ満たない148キロが最速。8月の日米大学選手権の疲労が残るのと、筑波大の左打者がベース寄りに立って粘り「三振狙いは球数が増える」と考えたからだった。3Kは11年の自己最少。それでも1年春から294回2/3で300Kと、奪三振数がイニング数を上回る。

 ネット裏ではドラフト1位指名を公言する巨人など7球団のスカウトが見つめた。通算33勝は、OBの巨人久保に並んでリーグ5位だ。同リーグの正確な記録は残っていないが、東京6大学リーグでは30勝300奪三振の両方をクリアしたのは過去6人。4年間チームを支えた一流選手の象徴で「入学当初はそんなに伸ばせると思わなかった。今季は監督や両親、チームメートに感謝の気持ちで投げたい」としみじみ話した。

 喜びの一方で、届かなかった記録もある。9回に連打で無死一、三塁のピンチを招き、併殺に打ち取るも三塁走者が生還。リーグタイ記録の通算13完封とはいかなかった。「中盤から変化球を増やしていたので、最後に直球でいこうと思ってもギアが入らなかった。試合前から意識したし、正直悔しい」。素直な負けず嫌いさが、菅野をより強くする。
(日刊)
関連記事
スポンサーサイト

tag : 巨人ドラフト情報

コメントの投稿

非公開コメント

訪問者数
球団別ドラフト情報
福岡ソフトバンクホークス
北海道日本ハムファイターズ
埼玉西武ライオンズ
オリックス・バファローズ
東北楽天ゴールデンイーグルス
千葉ロッテマリーンズ
中日ドラゴンズ
東京ヤクルトスワローズ
巨人ジャイアンツ
阪神タイガース
広島東洋カープ
横浜DeNAベイスターズ
カテゴリ
ショッピング
1月11日発売

12月14日発売
Twitter
最新記事
ブログランキング
にほんブログ村 野球ブログへ人気ブログランキングへ
リンク
QRコード
QRコード
RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。