スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

吉田一完封 日大初勝ち点/東都大学

 日大が中大を破り、2勝1敗として初の勝ち点を挙げた。3連投となった吉田一将投手(4年=青森山田)がコーナーを丹念に突く投球で3安打の完封。打線は3回、中大・島袋洋奨投手(1年=興南)の失策に乗じ1点を先制、8回には3連打して2点を加えて勝負を決めた。日大の勝ち点は08年秋の東洋大戦以来。島袋は10三振を奪いながら、打線の援護もなく2敗目を喫した。

 5回以降は安打を許さなかった。最速144キロながら内外角を丁寧につき被安打は3本。日大のエース吉田一は、危なげない投球で初の勝ち点をもたらした。「昨日ダメだった分、やってやろうと思った」。3連投での完封をこう語った。

 前日(14日)は1点リードの9回に登板した。ところが、勝利まで1人としながら適時打を浴び、追いつかれた。リベンジへ工夫があった。投球前にあえて球を持つ時間を長くし、また走者なしでもクイックで投げる場面があった。「タイミングを外そうと」と説明した。残暑の中での3連投。ベンチに戻るや氷袋を持ち出し、首筋や太ももに当てた。水分補給も忘れなかった。

 中大・島袋との再戦も頭にあった。「いい投手は分かっている。我慢の試合だったです」。1週あいて、次は春の覇者東洋大が相手だ。「日本一チームとやるのは楽しみ。自分の力をぶつけます」。頼もしいエースが前を向いた。
(日刊)
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

訪問者数
球団別ドラフト情報
福岡ソフトバンクホークス
北海道日本ハムファイターズ
埼玉西武ライオンズ
オリックス・バファローズ
東北楽天ゴールデンイーグルス
千葉ロッテマリーンズ
中日ドラゴンズ
東京ヤクルトスワローズ
巨人ジャイアンツ
阪神タイガース
広島東洋カープ
横浜DeNAベイスターズ
カテゴリ
ショッピング
1月11日発売

12月14日発売
Twitter
最新記事
ブログランキング
にほんブログ村 野球ブログへ人気ブログランキングへ
リンク
QRコード
QRコード
RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。