スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

明大野村314K先輩川上超え/東京6大学

 明大が早大を下し、初勝ち点を挙げた。ドラフト1位候補のエース野村祐輔投手(4年=広陵)は、最速147キロをマークして7回を被安打7の1失点。7三振を奪い、通算では314として、先輩の川上憲伸投手(ブレーブス傘下の2Aミシシッピ)が記録した311を超えた。勝利は通算26勝(今季2勝)とした。まだ4カードを残しておりラストシーズンに30勝超えが見えてきた。

 野村がギアを上げたのは中盤からだった。「走者をためていたので、ピリッとしないといけないと思って気合を入れました」。5回1死後、早大・佐々木を145キロ速球で三振に仕留めた。この試合4個目が通算311となり、川上に並んだ。6、7回の3個を加えて314に伸ばした。「偉大な先輩を超えたことは光栄に思います。もっともっと、頑張りたいです」。

 3戦目に勝てないエースだった。今春、初戦は5戦5勝。それが3戦目は3連敗と1勝もできなかった。善波達也監督(49)も「立ち上がりと3戦目が課題。丁寧にいこうとしすぎ」といい、試合前には「上から見下ろすぐらいで、攻めていけ」とアドバイスした。もっとも開始早々、味方打線が5点を奪う強力援護があった。野村は「楽になって、楽なピッチングをしてしまった」と、逆に反省する展開になっていた。

 1位指名を公言する広島の苑田スカウト部長は「力が入っとったのは交代する前ぐらい。1回、さあ行こうと思ったら、散々待たされて気合も入らない。ウチの1位は変わりません」と笑顔で見守った。通算の勝利数は26勝。早大・和田(現ソフトバンク)にあと1勝、川上にはあと2勝と迫った。
(日刊)
関連記事
スポンサーサイト

tag : 広島ドラフト情報

コメントの投稿

非公開コメント

訪問者数
球団別ドラフト情報
福岡ソフトバンクホークス
北海道日本ハムファイターズ
埼玉西武ライオンズ
オリックス・バファローズ
東北楽天ゴールデンイーグルス
千葉ロッテマリーンズ
中日ドラゴンズ
東京ヤクルトスワローズ
巨人ジャイアンツ
阪神タイガース
広島東洋カープ
横浜DeNAベイスターズ
カテゴリ
ショッピング
1月11日発売

12月14日発売
Twitter
最新記事
ブログランキング
にほんブログ村 野球ブログへ人気ブログランキングへ
リンク
QRコード
QRコード
RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。