スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

辻が完封、死去の部員に捧げた/首都大学

 今春勝ち点5で完全優勝を遂げた日体大が、筑波大との開幕戦を延長10回で制した。春10勝のリーグ記録を持つドラフト候補、辻孟彦投手(4年=京都外大西)が5安打完封で通算20勝目。7月に亡くなった2年生部員の佐藤涼平さん(享年20)へささげる1勝となった。

 試合中、辻は何度も心の中でつぶやいた。「涼平、頑張ってるぞ」。仲の良かった2つ下の後輩、佐藤さんが7月、亡くなった。あれから初めての公式戦。「涼平のために勝ちたい、と思ったら気持ちも入りました」。強い思いは、10回完封劇となって表れた。

 前日、辻は佐藤さんの遺体が発見された寮近くの現場に花を供えた。投球の不調時はアドバイスをもらうなど「春勝てたのは涼平のおかげでもあるんです」と思いをはせた。試合中、ベンチに置かれた佐藤さんのプレー写真を見つめた。

 連覇がかかる今季。重要な意味を持つ初戦は、辻にとっても通算20勝の節目だった。スライダーをコースに投げ分け「完封で、と意識してました」と宣言通りの力投だ。「プロ1本」に進路を絞り、空から見守ってくれる後輩へまだまだ躍進を見せる。
(日刊)
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

訪問者数
球団別ドラフト情報
福岡ソフトバンクホークス
北海道日本ハムファイターズ
埼玉西武ライオンズ
オリックス・バファローズ
東北楽天ゴールデンイーグルス
千葉ロッテマリーンズ
中日ドラゴンズ
東京ヤクルトスワローズ
巨人ジャイアンツ
阪神タイガース
広島東洋カープ
横浜DeNAベイスターズ
カテゴリ
ショッピング
1月11日発売

12月14日発売
Twitter
最新記事
ブログランキング
にほんブログ村 野球ブログへ人気ブログランキングへ
リンク
QRコード
QRコード
RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。