スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

慶大伊藤、連覇に向け「レベルアップした」

 東京6大学野球秋季リーグが今日10日、神宮で開幕する。20年ぶりの春秋連覇を狙う慶大は9日、東大との開幕戦に向けて横浜市内の同大グラウンドで調整。大学ラストシーズンを迎えるドラフト1位候補、伊藤隼太主将(4年=中京大中京)は「秋のリーグ戦でレベルアップしたのを見てもらいたい」と意気込んだ。

 今春はあと1安打というところで四球を選び、戦後13人目の3冠王を逃した。その後全日本大学選手権、日米大学選手権で低迷。江藤省三監督(69)とともに「プロでも通用する打撃フォームをつくろう」と、フォーム改造に取り組んできた。「(3冠は)取りたいけど、最初から目標にするものじゃない」と話す。優勝を目指せば、自然と個人記録もついてくると信じている。

 練習後には、紺と赤の慶応カラーの特注だるまに連覇を祈願。部員を代表し、だるまの目に力強く墨を入れた伊藤は「これを無駄にしないようにしないと」と気を引き締めた。
(日刊)
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

訪問者数
球団別ドラフト情報
福岡ソフトバンクホークス
北海道日本ハムファイターズ
埼玉西武ライオンズ
オリックス・バファローズ
東北楽天ゴールデンイーグルス
千葉ロッテマリーンズ
中日ドラゴンズ
東京ヤクルトスワローズ
巨人ジャイアンツ
阪神タイガース
広島東洋カープ
横浜DeNAベイスターズ
カテゴリ
ショッピング
1月11日発売

12月14日発売
Twitter
最新記事
ブログランキング
にほんブログ村 野球ブログへ人気ブログランキングへ
リンク
QRコード
QRコード
RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。