FC2ブログ

日本圧勝 3大会ぶり決勝進出

 高校日本代表は13‐1の七回コールドでフィリピンを下し、3大会ぶりの決勝進出を決めた。日本は序盤から大量得点。投げては今秋ドラフト候補の153キロ右腕・北方悠誠投手(唐津商・3年)ら3投手の継投で1点に抑えた。1日の決勝では韓国と対戦する。

 剛速球がうなった。北方は四回からマウンドに上がると、テンポ良く自慢の直球を投げ込んだ。先頭の右前打から1死二塁とピンチを招くも、後続を149キロで空振り三振、さらに151キロで遊ゴロに仕留めた。2回3奪三振無失点の内容に、阪神の池之上西日本統括スカウトは「投球が力強いし、常に自分のパフォーマンスができる」と評価した。

 今大会ではリリーフを任されている剛腕は、決勝に向けて「ピンチで出たら、三振を取ってゼロに抑えたい」と静かな口調の中に闘志をにじませた。
(デイリー)
関連記事
スポンサーサイト



tag : 阪神ドラフト情報

コメントの投稿

非公開コメント

訪問者数
球団別ドラフト情報
福岡ソフトバンクホークス
北海道日本ハムファイターズ
埼玉西武ライオンズ
オリックス・バファローズ
東北楽天ゴールデンイーグルス
千葉ロッテマリーンズ
中日ドラゴンズ
東京ヤクルトスワローズ
巨人ジャイアンツ
阪神タイガース
広島東洋カープ
横浜DeNAベイスターズ
カテゴリ
ショッピング
1月11日発売

12月14日発売
Twitter
最新記事
ブログランキング
にほんブログ村 野球ブログへ人気ブログランキングへ
リンク
QRコード
QRコード
RSSリンクの表示