スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

開星、末代まで誇れる敗退…白根散った

 2回戦4試合が行われ、16強が出そろった。開星(島根)は、日大三(西東京)に敗戦。プロ注目の右腕・白根尚貴投手(3年)は先発と中継ぎで2度マウンドに立ち、4安打を放って奮闘したが優勝候補に屈した。今大会屈指の右腕は、来年3月に定年のため夏の甲子園は最後の指揮となった野々村直通監督(59)とともに甲子園を去った。

 さわやかな笑顔だった。涙はない。白根は敗戦にも堂々と胸を張った。「欲は捨てて試合に臨んだけど、力不足だった」。プロ注目の怪童は潔く敗戦を受け入れた。

 2試合連続で先発マウンドに立った。だが、日大三の強力打線に直球も変化球も打ち返された。初回に3安打と押し出し四球で3失点。2回1/3、5失点でKOされた。

 それでもバットで取り返した。2打席連続安打で迎えた五回2死二、三塁は追撃ののろしとなる中前2点適時打。七回1死の左前打で4安打も記録した。六回2死一、二塁で再びマウンドに上がると2回1/3無失点。投手としての意地も見せた。

 2年生エースだった昨夏は、仙台育英(宮城)との1回戦で2点リードの九回2死走者なしから逆転負け。今夏は1勝で終わったが「2死からの失点が減ったのは成長だと思う」と前を向いた。

 身長186センチ、体重98キロ。プロも評価する高校生離れした肉体と能力を持つ背景には、母・みゆきさん(47)の努力がある。母は白根が幼いころから、夕食に栄養価の高いホウレンソウ料理を必ず並べた。いつしか白根の好物となり、今ではホウレンソウをおかわりするまでになった。その結果、米国の漫画の“ポパイ”のような体に成長した。

 今後の目標はプロ入り。高校では投手として最速149キロ、打者として通算40本塁打を記録した。投手、打者にこだわるつもりはない。白根は母とともにつくり上げた強じんな肉体でプロに挑む。
(デイリー)
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

訪問者数
球団別ドラフト情報
福岡ソフトバンクホークス
北海道日本ハムファイターズ
埼玉西武ライオンズ
オリックス・バファローズ
東北楽天ゴールデンイーグルス
千葉ロッテマリーンズ
中日ドラゴンズ
東京ヤクルトスワローズ
巨人ジャイアンツ
阪神タイガース
広島東洋カープ
横浜DeNAベイスターズ
カテゴリ
ショッピング
1月11日発売

12月14日発売
Twitter
最新記事
ブログランキング
にほんブログ村 野球ブログへ人気ブログランキングへ
リンク
QRコード
QRコード
RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。