FC2ブログ

寛平先輩すみません…柏原延長で散る

 春夏を通じて甲子園初出場の東大阪大柏原(大阪)は延長十回、如水館(広島)に4‐7で敗れた。OBでタレントの間寛平(62)もスタンドに駆けつけ、七回には2点差を追いつくなど、粘りを発揮したが、最後は力尽きた。

 死力を尽くした戦いは延長十回、3点を失って力尽きた。東大阪大柏原の田中秀昌監督(54)は「後半もつれる展開は予想していたが、最後は力不足というか、勝利への執念が相手の方が上だった」と無念の表情を浮かべた。

 初戦の至学館(愛知)戦では13奪三振で1失点完投したエース福山純平投手(2年)が毎回のように走者を背負った。1点リードの七回、2死から2四死球と安打で満塁のピンチを招き、味方の失策で逆転されると、次打者にも左前適時打を浴びてKOされた。

 「自分から崩れてしまった。序盤から腕が振れず修正できなかった」と振り返り、与えた10四死球に「こんなのは初めてです」とうなだれた。

 七回に同点に追いつく粘りを見せたが、九回2死満塁のサヨナラ機を逃すなど勝利には結びつかず、高校通算55発の石川慎吾主将(3年)は「自分がもっと早い段階で打っていれば変わっていた。ボール球に手を出してしまった」と悔やんだ。甲子園では本塁打を打てなかった主砲は試合後、プロ志望を表明。「この悔しさをバネに、プロではここで打ちたい」と雪辱を誓った。

 大応援団が熱い声援を送った三塁側アルプス席。OBでタレントの間寛平の姿もあった。田中監督は「せっかく足を運んでいただいたのに申し訳ない」と平身低頭。そして「大阪187校の代表として、もう少し上にいきたかった。福山はまだ2年生。もう一度鍛え直して甲子園に戻ってきたい」と力を込めた。
(デイリー)
関連記事
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

訪問者数
球団別ドラフト情報
福岡ソフトバンクホークス
北海道日本ハムファイターズ
埼玉西武ライオンズ
オリックス・バファローズ
東北楽天ゴールデンイーグルス
千葉ロッテマリーンズ
中日ドラゴンズ
東京ヤクルトスワローズ
巨人ジャイアンツ
阪神タイガース
広島東洋カープ
横浜DeNAベイスターズ
カテゴリ
ショッピング
1月11日発売

12月14日発売
Twitter
最新記事
ブログランキング
にほんブログ村 野球ブログへ人気ブログランキングへ
リンク
QRコード
QRコード
RSSリンクの表示