FC2ブログ

北川、涙の連弾…明徳16強ならず

 明徳義塾(高知)が習志野(千葉)に投打で圧倒され、2回戦で敗退した。先発の尾松義生投手(3年)が序盤2回で5点献上するなど、3投手で計13安打9失点。打線は四回に4番・北川倫太郎外野手(3年)が2戦連発となるソロを放ったが、習志野・大野駿投手(2年)の前に6安打で3点しか奪えず、最後まで劣勢をひっくり返すことができなかった。

 明徳の野球をさせてもらえないまま“最後の夏”を終えた。「予想していた展開と違った。打線がカバーできず、尾松を助けてやることができなかった」。試合後の北川は小4から9年間チームメートだった左腕エースに涙ながらにわびた。

 プロ注目のバットでは存在感を示した。4点を追う四回1死、135キロ直球を豪快にバックスクリーン右に運んだ。2戦連発となる高校通算28号にも「やっぱり勝ちたかった。自分が打っても、勝たないと意味がない」と力なくうなだれた。

 3点差に詰める主将の一発でも流れを変えられなかった。制球に苦しむ尾松は立ち直る兆しを見せず、四回途中で降板。北川も六回と八回の残る2打席は連続見逃し三振。「あの辺がまだまだレベルが低い」と反省の言葉を並べた。

 今春選抜は初戦で優勝候補だった日大三に逆転負け。北川は適時打1本も得点機で2三振。馬淵監督の甲子園初戦連勝記録を20で止めてしまい「自分のせいで負けた」と責任を痛感した。

 以前から打撃不振に陥ると、周囲が見えなくなった。選抜後、周囲に「キャプテンを辞めるわ」と漏らした。聞いていた同僚は「お前しかおらんやろ」と口をそろえた。仲間に支えられていることを思い知り、馬淵監督に主将辞退を申し出ることを思いとどまった。

 プレッシャーの中、もう一度甲子園にたどり着いた。1勝して夏の初戦不敗神話は堅守し、今春の汚名を返上。日大三と再戦する前に去ることになったが「皆には感謝しています」と声を絞り出すと涙があふれ出た。

 今後については「落ち着いてからゆっくり考えたい」と明言しなかったが、以前からプロの世界を意識して取り組んできた。重責ある明徳の主将兼4番を立派に務め上げた北川は堂々と次のステージへと進む。
(デイリー)
関連記事
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

訪問者数
球団別ドラフト情報
福岡ソフトバンクホークス
北海道日本ハムファイターズ
埼玉西武ライオンズ
オリックス・バファローズ
東北楽天ゴールデンイーグルス
千葉ロッテマリーンズ
中日ドラゴンズ
東京ヤクルトスワローズ
巨人ジャイアンツ
阪神タイガース
広島東洋カープ
横浜DeNAベイスターズ
カテゴリ
ショッピング
1月11日発売

12月14日発売
Twitter
最新記事
ブログランキング
にほんブログ村 野球ブログへ人気ブログランキングへ
リンク
QRコード
QRコード
RSSリンクの表示