スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

帝京・伊藤、激動の2年5カ月が終わる

 ネクストサークルでゲームセットを見届けた伊藤は大きく息を吐いて、試合後の整列に向かった。この瞬間、帝京・伊藤拓郎投手の激動の2年5カ月の高校野球生活が終わった。

 2年前の夏の甲子園、1年生史上最速の148キロをマークし、脚光を浴びたが、その後は苦難の連続だった。2年になると、スピードを追い求めるあまりに投球フォームを乱し、制球が定まらなくなった。さらに故障が追い打ちをかけた。昨夏は背筋痛、今春は右手中指の爪を負傷した。

 名門のエースを任されながら昨秋、今春ともに都大会初戦敗退。大会後も一向に調子は上がらない。悶々(もんもん)とする日々。見かねた前田監督から「このまま終わるようだと、甲子園で投げた意味がなくなるぞ」と厳しく叱責された。この言葉で目が覚めた。

 「どん底からはい上がろう。最後の夏は絶対に行く」と決意。東東京大会では“球速”へのこだわりを捨て、緩急で勝負。大胆なモデルチェンジで3季ぶりの甲子園切符をつかんだ。

 初戦のみ登板(四回途中5失点)で2回戦敗退。最後は「一塁手」で終わった。進路について「高卒で即プロ入りの考えは変えません」。艱難(かんなん)辛苦を糧に、次のステージで日本一の夢を実現してみせる。
(デイリー)
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

訪問者数
球団別ドラフト情報
福岡ソフトバンクホークス
北海道日本ハムファイターズ
埼玉西武ライオンズ
オリックス・バファローズ
東北楽天ゴールデンイーグルス
千葉ロッテマリーンズ
中日ドラゴンズ
東京ヤクルトスワローズ
巨人ジャイアンツ
阪神タイガース
広島東洋カープ
横浜DeNAベイスターズ
カテゴリ
ショッピング
1月11日発売

12月14日発売
Twitter
最新記事
ブログランキング
にほんブログ村 野球ブログへ人気ブログランキングへ
リンク
QRコード
QRコード
RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。