スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

松本が痛恨エラー!帝京、完封勝利目前で逆転負け

 八幡商(滋賀)がミラクル勝利で21年ぶりの3回戦進出を決めた。完封負け目前の9回、1死から3連打と敵失で1点を返し、なおも満塁で5番・遠藤和哉左翼手(3年)が、右翼ポール際に起死回生の逆転グランドスラムを放ち、帝京(東東京)を破った。
 ゲームセットのサイレンが鳴ると、プロ注目の帝京4番・松本剛主将は唇をかんで整列に加わった。「自分がミスしてなければ勝てていた…」とむせび泣いた。甲子園通算51勝の前田三夫監督(62)も「これが高校野球の怖さ。まさかですよ」とうつむいた。

 天国から地獄に突き落とされた。甲子園初登板の140キロ左腕・渡辺隆太郎が、8回まで二塁も踏ませぬ好投だった。「完封を意識した」9回1死から3連打を浴びて満塁。次の遊ゴロを「併殺を(狙って)焦った」松本が、グラブの土手に当てて痛恨のタイムリーエラー。直後、逆転満塁弾が右翼席へと消えた。

 関西勢びいきのスタンドは八幡商への応援一色。9回は声援が地鳴りのように響いた。「球場全体が向かってくるようだった」と渡辺。エースの代役は、最後に大舞台の雰囲気にのまれた。失策した松本は、3回2死二塁で甲子園初アーチ。「本塁打を打てたのはうれしいが、勝てなかったので。また来年、戻ってきてほしい」と後輩に日本一の夢を託した。

 坂本勇人を目標に掲げるG党だ。2月に他界した祖父・鈞(ひとし)さんに病床で「甲子園に行ってプロになるから」と約束。「行きたい気持ちはある」と走攻守三拍子そろう逸材は今秋ドラフトを待つ。
(報知)
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

訪問者数
球団別ドラフト情報
福岡ソフトバンクホークス
北海道日本ハムファイターズ
埼玉西武ライオンズ
オリックス・バファローズ
東北楽天ゴールデンイーグルス
千葉ロッテマリーンズ
中日ドラゴンズ
東京ヤクルトスワローズ
巨人ジャイアンツ
阪神タイガース
広島東洋カープ
横浜DeNAベイスターズ
カテゴリ
ショッピング
1月11日発売

12月14日発売
Twitter
最新記事
ブログランキング
にほんブログ村 野球ブログへ人気ブログランキングへ
リンク
QRコード
QRコード
RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。