FC2ブログ

英明・松本、146キロ11K全国デビュー

 1回戦4試合が行われ、今秋のドラフト候補で身長193センチの大型左腕、英明(香川)の松本竜也投手(3年)が全国デビューを飾った。自己最速を1キロ更新する146キロをマークし、11奪三振で1失点完投。同校に甲子園初勝利をもたらした。興南に続く沖縄連覇を目指した初出場の糸満は、初陣を飾れなかった。

 初体験の甲子園のマウンドで、今大会最長身の大型左腕、松本がついにベールを脱いだ。完封こそ逃したが、力と角度のある直球と鋭い変化球で毎回の11奪三振。沖縄大会チーム打率・350の糸満打線を4安打に抑え込んだ。

 「1勝できて、とてもうれしいです」。試合後のお立ち台では松本の笑顔がはじけた。高校通算10発のバットでも四回に適時打を放つなど2安打1打点。3安打1打点の4番・中内とともに投打の柱が働き、英明の甲子園初勝利に貢献した。

 昨夏は背番号「11」の控え投手。香川大会2試合に登板も制球難から1死も奪えず降板した。八戸工大一(青森)に初戦敗退した甲子園ではベンチとブルペンでしか憧れの舞台を体感できず、悔しさだけが残った。

 新チームではエースの自覚から徹底的に走り込んだ。ウエートトレと並行して、食事量も増やし、肉体改造に取り組んだ。冬を越すと下半身がたくましくなったことで制球が見違えるように安定するようになった。

 精神面も成長した。以前は与四球後の香川監督からの叱咤(しった)を恐れて余計に制球が定まらなかった。しかし、父・泰記さん(45)の「走者を出しても、点をやらんかったらええんや」という一言が松本を変えた。香川監督の藤井学園寒川時代の教え子で、社会人野球の経験もある父の助言で吹っ切れて腕が振れるようになった。

 この日の最速は球場表示で自己最速タイの145キロ。ネット裏のスカウトのスピードガンでは複数球団で146キロを計測した。150キロ台には届かないものの、阪神・葛西スカウトは「直球の回転がいい」と球質を高く評価。大舞台で自己最高の力を発揮したことで今秋のドラフト上位指名が濃厚になってきた。

 2回戦は能代商(秋田)と対戦する。「甲子園のマウンドはやっぱり気持ちよかった。次も2桁三振を取って、絶対に勝ちたい」と力強く宣言。この夏、松本株はまだまだ上昇気配が止まりそうにない。
(デイリー)
関連記事
スポンサーサイト



tag : 阪神ドラフト情報

コメントの投稿

非公開コメント

訪問者数
球団別ドラフト情報
福岡ソフトバンクホークス
北海道日本ハムファイターズ
埼玉西武ライオンズ
オリックス・バファローズ
東北楽天ゴールデンイーグルス
千葉ロッテマリーンズ
中日ドラゴンズ
東京ヤクルトスワローズ
巨人ジャイアンツ
阪神タイガース
広島東洋カープ
横浜DeNAベイスターズ
カテゴリ
ショッピング
1月11日発売

12月14日発売
Twitter
最新記事
ブログランキング
にほんブログ村 野球ブログへ人気ブログランキングへ
リンク
QRコード
QRコード
RSSリンクの表示