スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

英明・松本、毎回11K!今大会最長身左腕193センチ

 英明(香川)は今大会最長身の193センチ左腕・松本竜也が、毎回の11奪三振で4安打1失点(自責0)完投勝ち。春夏通じて初勝利を挙げた。
 うれしくて前のめりにコケかけた。9回2死走者なし。英明の松本はフォークで最後の打者のバットに空を切らせ、巨体を揺らした。毎回の11奪三振。「喜びすぎて、つまずいてしまった」。笑顔で仲間の元へ駆け寄ると、初勝利の味をかみしめた。

 身も心もたくましくなって帰ってきた。制球難が克服できなかった昨夏は、ブルペンから眺めただけのマウンド。以前は四球を出すたびに香川智彦監督(54)に怒られて縮こまっていたが、この日は3度先頭打者を歩かせても「開き直った」。最速タイの145キロの直球は終盤ほど低めに決まり、117球で糸満打線を料理した。

 「卵かけご飯」で化けた。入学時は183センチ、68キロのもやしっ子。香川監督は「将来は上でやれる」と、1年前から朝練後に監督室で、ラーメン丼いっぱいの卵かけご飯か、おにぎり3個を食べさせた。今夏の県大会前まで続いたこの“強制モーニング”で体重とスタミナがアップ。プロも熱視線を注ぐ存在になった。

 県大会などでは、必ず自分より長身選手がいないかチェックする。今大会は191センチの“岩手のダル”こと花巻東・大谷翔平をかわしNO1。巨人・山下スカウト部長も「素材は申し分ない。いい投手になる」と大器の成長に期待を込めた。

 恩返しの1勝だ。前日の8日は“大きく”育ててくれた香川監督の誕生日。指揮官は「最高のプレゼント」と目尻を下げ、背番号1は「次も三振を狙って取りにいきます」と宣言。創部7年目の新鋭に現れた大型サウスポーが、新たな伝説を作る。

 ◆主な甲子園の長身投手 04年夏、東北(宮城)の150キロ右腕・ダルビッシュ有(現日本ハム)が195センチで大会登録。味方の失策などで3回戦で敗退した。79年夏、横浜商(神奈川)を4強まで導いた左腕・宮城弘明(元ヤクルト)は193センチ。80年ドラフト3位でプロ入りし「ジャンボ」の愛称で親しまれた。今大会1回戦で、150キロを計測した花巻東(岩手)の大谷翔平(2年)は191センチ右腕。

 ◆松本 竜也(まつもと・りゅうや)1993年4月29日、高松市生まれ。小学3年から平井軟式スポーツ少年団で野球を始め、6年時に全国大会出場。三木中1年から軟式野球部に所属。英明では1年夏にベンチ入り、2年秋からエース。小、中、高で完全試合を達成している。遠投100メートル。50メートル6秒9。193センチ、78キロ。左投左打。家族は両親と姉。
(報知)
関連記事
スポンサーサイト

tag : 巨人ドラフト情報

コメントの投稿

非公開コメント

訪問者数
球団別ドラフト情報
福岡ソフトバンクホークス
北海道日本ハムファイターズ
埼玉西武ライオンズ
オリックス・バファローズ
東北楽天ゴールデンイーグルス
千葉ロッテマリーンズ
中日ドラゴンズ
東京ヤクルトスワローズ
巨人ジャイアンツ
阪神タイガース
広島東洋カープ
横浜DeNAベイスターズ
カテゴリ
ショッピング
1月11日発売

12月14日発売
Twitter
最新記事
ブログランキング
にほんブログ村 野球ブログへ人気ブログランキングへ
リンク
QRコード
QRコード
RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。