スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

唐津商・北方悠152キロ!“藤井2世”だ

 プロ注目右腕、唐津商(佐賀)の北方悠誠投手(3年)が152キロの快速球で甲子園デビュー。初回先頭打者への第1球が152キロ、最後も150キロで空振り三振に締めて、古川工(宮城)を相手に毎回の13奪三振で4失点完投。作新学院(栃木)は、福井商(福井)を下し夏の甲子園で38年ぶりの勝利。如水館(広島)は、関商工(岐阜)と延長戦の末、サヨナラ勝ちした。

 “佐賀の剛腕”が華々しく全国デビューを飾った。一回、北方悠が投じた先頭打者への第1球。空振りを奪った直球がいきなり「152キロ」を表示。自己最速を1キロ更新する数字にスタンドがどよめいた。

 「立ち上がりの硬さをとろうと初球は思いきり投げました」。試合後は涼しい顔で振り返った。152キロは単発ではなく4球マーク。大会初日の金沢・釜田が記録した数字と並んだが「あまり実感はないです」とチームの白星を第一に喜んだ。

 遊撃手だった中学時代は荒れ球の2番手投手。硬球を握るようになった高校から投手に取り組んだ。大食漢であると同時に入念なストレッチとインナーマッスルを鍛えることで故障知らずの肉体をつくり上げた。

 唐津商は“炎の中継ぎ”として99年のダイエー(現ソフトバンク)日本一に貢献した故藤井将雄投手の母校。藤井さんは00年に肺がんのため31歳の若さで急逝。藤井将雄後援会の事務局長を務める父・伸一さん(44)からは「強気で向かっていく姿勢を見習え」と言い聞かされている。

 27年ぶりの聖地2勝目に「楽しかった。甲子園のマウンドは投げやすかった。特に緊張はなかったです」と笑顔満開。「次は四球を少なく、リズムよく投げたい」と6四球の反省も忘れない。2回戦は中4日で作新学院(栃木)と対戦。“藤井2世”の異名に恥じない力強い投球で、一戦一戦勝ち上がっていく。
(デイリー)
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

訪問者数
球団別ドラフト情報
福岡ソフトバンクホークス
北海道日本ハムファイターズ
埼玉西武ライオンズ
オリックス・バファローズ
東北楽天ゴールデンイーグルス
千葉ロッテマリーンズ
中日ドラゴンズ
東京ヤクルトスワローズ
巨人ジャイアンツ
阪神タイガース
広島東洋カープ
横浜DeNAベイスターズ
カテゴリ
ショッピング
1月11日発売

12月14日発売
Twitter
最新記事
ブログランキング
にほんブログ村 野球ブログへ人気ブログランキングへ
リンク
QRコード
QRコード
RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。