FC2ブログ

阪神、高校生スター投手指名へ

 阪神が今秋のドラフト会議で、将来有望な高校生投手の指名を目指していることが8日、分かった。チーム首脳ら現場からの要望もあり、球団幹部は「高校生投手をとれれば理想的」と“高校生スター投手枠”を設け、将来、先発ローテーションを担うような金の卵を獲得する。

 阪神は今秋のドラフト戦略として、1位では東洋大の左腕・藤岡や、慶大の強打者・伊藤ら即戦力選手を指名する方針を固めている。一方で、2位から中位にかけては、数年先に戦力になる人材を発掘する考えだ。

 阪神では09年4位指名の秋山が1年目の昨季、いきなり1軍デビュー。昨秋も2位で一二三、4位で岩本と高校生投手を指名し、金の卵として育成中だ。2日に都内で行われた南球団社長と真弓監督らの会食の場でも、秋山を超える存在になりうる高校生投手の継続的な獲得を求める、現場サイドからの意見が出されたようだ。

 阪神では星稜・西川、聖光学院・歳内、東洋大姫路・原、英明・松本らの将来性を評価。引き続きマークを続けることになる。
(デイリー)
関連記事
スポンサーサイト



tag : 阪神ドラフト情報

コメントの投稿

非公開コメント

訪問者数
球団別ドラフト情報
福岡ソフトバンクホークス
北海道日本ハムファイターズ
埼玉西武ライオンズ
オリックス・バファローズ
東北楽天ゴールデンイーグルス
千葉ロッテマリーンズ
中日ドラゴンズ
東京ヤクルトスワローズ
巨人ジャイアンツ
阪神タイガース
広島東洋カープ
横浜DeNAベイスターズ
カテゴリ
ショッピング
1月11日発売

12月14日発売
Twitter
最新記事
ブログランキング
にほんブログ村 野球ブログへ人気ブログランキングへ
リンク
QRコード
QRコード
RSSリンクの表示