FC2ブログ

唐津商・北方悠、152キロ!毎回13K!!

 唐津商(佐賀)の北方悠誠(ゆうじょう=3年)が、今大会最速タイとなる152キロをマークするなど、古川工(宮城)から6連続を含む毎回の13三振を奪い、4安打4失点で完投勝ち。27年ぶりの出場で初戦を突破した。
 存在感を示すには1球で十分だった。「バックネットに当たってもいい」。北方悠が思い切り投げ込んだ外角直球は、狙い通り自己最速を1キロ更新する今大会最速タイの152キロを計時。「実感はなかったけどうれしかった」。強烈過ぎる初球に甲子園がざわついた。

 だが、1球目は奪三振ショーの幕開けに過ぎなかった。初回2死一塁で今野晴貴からスライダーで空振り三振を奪うと、6者連続の空振り三振。「三振の数は気にしなかった」といいながら、最後は「狙った」と内角への150キロ直球で三振に仕留め、毎回の13奪三振。ただ、豪快な投球は“四球病”の一面も併せ持つ。4失点はすべて四球絡みで計6四球。「力んでしまったのといらない四球」と次戦への課題を挙げた。

 ◆北方 悠誠(きたがた・ゆうじょう)1994年1月25日、佐賀・唐津市生まれ。17歳。小2から湊マリンズで遊撃手として野球を始める。湊中では遊撃手兼投手。唐津商入学後から本格的に投手を始めた。1年夏からベンチ入りし、2年春からエース。秋は県大会で優勝するも、九州大会2回戦で敗退。180センチ、80キロ。右投右打。家族は両親と弟2人。伸生(しんせい、1年)は唐津商の外野手。
(報知)
関連記事
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

訪問者数
球団別ドラフト情報
福岡ソフトバンクホークス
北海道日本ハムファイターズ
埼玉西武ライオンズ
オリックス・バファローズ
東北楽天ゴールデンイーグルス
千葉ロッテマリーンズ
中日ドラゴンズ
東京ヤクルトスワローズ
巨人ジャイアンツ
阪神タイガース
広島東洋カープ
横浜DeNAベイスターズ
カテゴリ
ショッピング
1月11日発売

12月14日発売
Twitter
最新記事
ブログランキング
にほんブログ村 野球ブログへ人気ブログランキングへ
リンク
QRコード
QRコード
RSSリンクの表示