スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

歳内16K&V打「試練が糧に」/夏の甲子園

 聖光学院(福島)のドラフト候補右腕、歳内(さいうち)宏明投手(3年)が圧巻の「独り舞台」で初戦を突破した。1年ぶりの甲子園で、日南学園(宮崎)に延長10回の末、サヨナラ勝ち。10安打4失点(自責3)と苦しんだが、最速145キロの直球と落ちる魔球スプリットを駆使して16奪三振。勝利目前の9回に暴投で同点とされた後、延長10回に自らサヨナラ打を放ち、149球の熱投を自己完結した。

 歳内が、独壇場に幕を引いた。10回裏1死二塁。「無心だった」という打球が右前に飛び、二塁走者が生還。一塁を回り、この日初めての笑顔でガッツポーズ。「失点の借りを自分で返したかった」。同校に夏の甲子園初の延長サヨナラ勝ちを呼ぶ、殊勲打だった。

 息詰まる延長戦は、自ら招いてしまった。1点リードで迎えた9回表2死一、三塁。勝利目前の場面で投じたスプリットに、相手バットが空を切る。空振り三振…のはずが、コースを狙いすぎて暴投。振り逃げになって追いつかれた。

 「高さは良かったけど、コースが悪かった」。土壇場の制球ミスにも、動揺は見せなかった。「試練だと思って切り替えた。調子が良くなかったので、粘り強く投げればいい、と」。こう考えられるのが歳内の成長の証し。同点でしのぎ、サヨナラへつなげた。

 「この1年で最も成長したのは精神面。去年までの自分だったら負けていたと思う」。昨夏甲子園では興南(沖縄)との準々決勝で4回途中6失点でKOされた。この試合まで歳内は「がむしゃらに投げればいいと思っていた」という。だが、ピンチにもチャンスにも感情を抑えて戦う興南ナインを見て、逆境に動じない精神を目指すと決めた。好きな言葉は「一心不乱」から「仁王」に変わった。

 投球を支えたのはスプリット・フィンガード・ファストボール(SFF)だった。奪った三振16個のうち13個は、この球で決めた。投げ始めたのは2年春。フォークを覚えようとしたが、手に合わず、スッポ抜ける球が多かった。斎藤監督の「浅く握ってみろ」という助言を実行するとしっくりきた。楽天田中と同じ兵庫・宝塚ボーイズ出身。田中も指導した奥村幸治監督(39)が「変化球を覚えるセンスは(田中)将大とともに、ずばぬけていた」と証言するように、短期間で習得してみせた。

 この試合、福田瑛史捕手(3年)が3度「打撃妨害」を記録したのも、歳内のスプリットが引き起こした。相手打線はギリギリまで引きつけ、福田もワンバウンドが多くなる球を前で止めようと、無意識にミットが前に出た。切れ味抜群だから生まれた珍現象だった。

 福島大会前、帽子のつばに「全てが神からの試練」と書き込んだ。この日の試合は、まさに試練を乗り越えた勝利。「この試練が糧になる。今日の経験を日本一まで勝ち抜く力にする」。2回戦は最速152キロ右腕の釜田佳直投手(3年)を擁する金沢(石川)と対戦する。次の試練も、乗り越えてみせる。
(日刊)
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

訪問者数
球団別ドラフト情報
福岡ソフトバンクホークス
北海道日本ハムファイターズ
埼玉西武ライオンズ
オリックス・バファローズ
東北楽天ゴールデンイーグルス
千葉ロッテマリーンズ
中日ドラゴンズ
東京ヤクルトスワローズ
巨人ジャイアンツ
阪神タイガース
広島東洋カープ
横浜DeNAベイスターズ
カテゴリ
ショッピング
1月11日発売

12月14日発売
Twitter
最新記事
ブログランキング
にほんブログ村 野球ブログへ人気ブログランキングへ
リンク
QRコード
QRコード
RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。