FC2ブログ

聖光学院・歳内、魂の16K!サヨナラ打!

 普段はポーカーフェースの歳内が、力強いガッツポーズで喜びを爆発させた。延長十回二死二塁、外角高めの直球を打ちサヨナラの右前適時打。苦しみながらも、被災地にまず1勝を届けた。

 「苦しんで勝ったほうがいい。初戦からこういう試合ができたのは大きいと思う」

 肩で息をしながら、こう振り返った。投げては149球の力投。10安打4失点を許した一方で16三振を奪った。斎藤智也監督(48)も「最後は珍しく声を出して投げていた。絶対に負けたくない気持ちが出ていた」とエースをたたえた。

 三回に3連打で2点を先制されたが、持ち味の鋭く落ちるスプリット・フィンガード・ファストボールを軸に五回を除いて毎回奪三振をマーク。七回に打球を右手に当てるアクシデントも、八回に自己最速の145キロを記録した。

 4-3の九回二死一、三塁から、自らの暴投で同点とされても動揺はない。「これも何かの試練だと思った。また試合が始まると気持ちを切り替えた」。帽子のつばには、常に書き込む“仁王”に加え“全てが神からの試練”と書き込んだ。試練から逃げずに立ち向かい、克服すれば勝利に近づく。揺るぎない思いで勝利を引き寄せた。

 福島第1原発事故の影響に苦しむ福島からの出場。懸命にプレーすれば、きっと被災地の力になるはず。斎藤監督は「どのチームよりもひたむきに、ボールに食らいついていく野球を続けていきたい」と表明した。

 もちろん、歳内の思いも同じだ。2回戦は、この日伊勢工を5安打完封した金沢・釜田(3年)と対戦する。「打線を信じ1回ずつ抑えるだけ。一戦ずつ勝って日本一が目標です」。短い言葉で決意を語った。どんなに苦しんでも頂点をつかむまで、“みちのくの怪物”は負けない。
(サンスポ)
関連記事
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

訪問者数
球団別ドラフト情報
福岡ソフトバンクホークス
北海道日本ハムファイターズ
埼玉西武ライオンズ
オリックス・バファローズ
東北楽天ゴールデンイーグルス
千葉ロッテマリーンズ
中日ドラゴンズ
東京ヤクルトスワローズ
巨人ジャイアンツ
阪神タイガース
広島東洋カープ
横浜DeNAベイスターズ
カテゴリ
ショッピング
1月11日発売

12月14日発売
Twitter
最新記事
ブログランキング
にほんブログ村 野球ブログへ人気ブログランキングへ
リンク
QRコード
QRコード
RSSリンクの表示