FC2ブログ

金沢・釜田、152キロ10K完封発進

 第2試合では選抜に続き甲子園のマウンドに上がったプロ注目の152キロ右腕、金沢(石川)の釜田佳直投手(3年)が甲子園球場のスピードガンで自己最速タイの152キロを計測。5安打10奪三振と力投し、今大会完封1番乗りで伊勢工(三重)を下した。開幕試合は春夏通じて初出場の高崎健康福祉大高崎(群馬)が今治西(愛媛)に逆転勝ちした。終面に聖光学院‐日南学園など

 その瞬間、3万2千人の観衆が沸いた。釜田が自身最速タイの「152キロ」を甲子園球場のスピード表示に刻んだ。七回、伊勢工のエースで4番、中川の打席で2、3球目に152キロを連発。「絶対打たせないという気だった。表示を見て152キロ出たと気付いた」と振り返った。待ちに待った聖地での1勝に「今までにないくらいうれしいです」と笑顔をはじけさせた。

 数字だけではない。今夏はツーシーム、スライダー、カットボールを駆使。加えて「空振りは(打者が)付いて来られてなかった(振り遅れていた)。成長したストレートを投げられた」とキレにも手応えをつかんだ。初回に審判から2段モーション気味を注意されたが、すぐに対処して足の上げ方を変えるなど、マウンドでも落ち着いていた。最終回も2死三塁から148キロの連続空振り三振で締めた。

 選抜1回戦の加古川北戦では150キロを出したが、0‐4で敗退。「今思えばあの試合が原点。相手投手の井上(真伊人)君を見て変化球の効果を学んだし、投げ込みもそれまで50球程度だったのを100~200球に増やした」と悔しさをバネに成長した。

 阪神・山本スカウトは「石川大会でも制球が安定していたし力がある」と改めて評価した。2回戦は聖光学院・歳内と対決する。「2年生から甲子園で勝っている投手。僕も負けないようにしたい」と闘志を燃やした。
(デイリー)
関連記事
スポンサーサイト



tag : 阪神ドラフト情報

コメントの投稿

非公開コメント

訪問者数
球団別ドラフト情報
福岡ソフトバンクホークス
北海道日本ハムファイターズ
埼玉西武ライオンズ
オリックス・バファローズ
東北楽天ゴールデンイーグルス
千葉ロッテマリーンズ
中日ドラゴンズ
東京ヤクルトスワローズ
巨人ジャイアンツ
阪神タイガース
広島東洋カープ
横浜DeNAベイスターズ
カテゴリ
ショッピング
1月11日発売

12月14日発売
Twitter
最新記事
ブログランキング
にほんブログ村 野球ブログへ人気ブログランキングへ
リンク
QRコード
QRコード
RSSリンクの表示