スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

東洋大・藤岡 ドラフト1位指名表明のロッテ“完封”

 今秋ドラフトの目玉左腕、東洋大の藤岡貴裕投手(4年)が4日、ロッテ2軍との交流戦に先発。3回を無安打無失点に抑えた。今年から解禁された大学生とプロの練習試合で、すでにドラフト1位指名を表明しているロッテを相手に志願登板。チームをプロ相手の白星に導き、その高い評価にたがわぬ実力をロッテ関係者に見せつけた。

 高い評価に結果で応えた。5月の段階で、10月末のドラフト1位指名を表明したロッテ。その2軍を相手に、3回を打者9人で抑えた藤岡は「(1位と)表明してもらった以上、悪い投球はできないと思っていた。そこでゼロに抑えられて良かった」とうなずいた。

 四球で唯一の走者を許した初回1死一塁。日本代表でバッテリーを組んだ青学大出身の小池を空振り三振に斬った。勝負球はフォーク。「去年まであまり投げなかったので、小池さんの頭にはないかな」とニヤリ。走者が盗塁死し、三振併殺に終わった小池は「去年は使いたくても使えなかった球」と成長した姿に脱帽した。続く2イニングは危なげなく連続3者凡退で、毎回の3三振を奪った。

 「普通ならキャンプの時期だし投げてないと思う。1位指名をいただき、ぜひ投げてみたい思いもあった」。日米大学野球から7月11日に帰国し、本格的な投球練習は1週間前に再開したばかり。秋に向け調整途上だが「投げるか?」という高橋昭雄監督の問いに首を縦に振った。最速153キロの直球は142キロ止まり。全開にはほど遠いが、それでも2軍打線を子供扱いした。

 QVCマリンのマウンドにも初めて立ち「雰囲気良く投げやすい。距離は一緒ですが、捕手がとても近く感じる」と好印象も抱いた。「四球も出したし、自己採点は60点くらい」という厳しい言葉に反比例して、競合が確実視される左腕の評価は青天井だ。

 ▼ロッテ・松本尚樹編成統括 疲れもあるこの時期の大学生が無安打投球。あらためて素晴らしいと思わされた。強さと柔らかさが同居した今までにいないタイプ。対応力にもたけ、これだけ出来上がった投手は、今までアマチュアでは見たことがない。

 ▼東洋大・高橋昭雄監督 藤岡はこの夏初戦ですが、もう少し球速が出て内角に球が来れば完璧。プロ相手で“投げてみたい”と本人が意気に感じ調整してくれた。
(スポニチ)
関連記事
スポンサーサイト

tag : 千葉ロッテドラフト情報

コメントの投稿

非公開コメント

訪問者数
球団別ドラフト情報
福岡ソフトバンクホークス
北海道日本ハムファイターズ
埼玉西武ライオンズ
オリックス・バファローズ
東北楽天ゴールデンイーグルス
千葉ロッテマリーンズ
中日ドラゴンズ
東京ヤクルトスワローズ
巨人ジャイアンツ
阪神タイガース
広島東洋カープ
横浜DeNAベイスターズ
カテゴリ
ショッピング
1月11日発売

12月14日発売
Twitter
最新記事
ブログランキング
にほんブログ村 野球ブログへ人気ブログランキングへ
リンク
QRコード
QRコード
RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。